春すし

春すし

195 kcal(1人分)|日本|50分以下

可愛らしいひとくちサイズの精進にぎりずし。ネタは、こんにゃく、筍、菜の花、干し椎茸、ふきの5種類です。いずれも薄味をつけてあるので、素材の持ち味を楽しめ、つけ醤油なしでもおいしくいただけます。食欲のない時でも、つい手が伸びるあっさり味の楽しい盛り合わせです。

  • ピン

材料(4人分)

ご飯 400 g
Aゆず,果汁 大さじ 2
A砂糖 小さじ 2・2/3
A 小さじ 1/4弱
ゆでたけのこ(長さ4cm) 40 g
干し椎茸(1枚2g) 4 枚
こんにゃく(3×4×H1cm) 4 枚
Bだし汁 1 カップ
B砂糖 大さじ 1
B淡口醤油 小さじ 2
菜の花(長さ4cm) 30 g
ふき(長さ16cm) 2 本
Cだし汁 1 カップ
C淡口醤油 小さじ 1
Cみりん 小さじ 1

分量は骨や皮を除いた実際に口に入る分量で記載しています。完成後はカロリー管理のため、1人分に分けて召し上がってください。

作り方

  1. 春すし再生

    たけのこは4等分に切る。干し椎茸は水につけて戻し、水けを絞って軸を切る。こんにゃくは厚さの半分に切りこみを入れて開き、熱湯でゆでる。菜の花は熱湯でサッとゆで、冷水にとって水けを絞る。

  2. 春すし再生

    ふきは熱湯でゆで、冷水にさらして皮をむき、水けをふいて4cm長さに切る(1人2本づけ)。鍋にBのだし汁、たけのこ、椎茸、こんにゃくを入れて火にかけ、煮立ったら弱火にし、10分ほど煮る。

  3. 春すし再生

    残りのBを入れてさらに10分ほど煮、火を止めて味を含ませる。別の鍋にCを入れて煮立て、ふき、菜の花を入れて火を止める。ボウルに移し、底を氷水に当てて冷まし、味を含ませる。

  4. 春すし再生

    Aを混ぜ合わせて炊き上がったご飯に加え、混ぜて冷ます。俵形に握り(1人5個づけ)、器に盛りつける。ご飯の上にこんにゃくを開いてのせ、たけのこ、菜の花、椎茸、ふきをのせる。

  1. たけのこは4等分に切る。干し椎茸は水につけて戻し、水けを絞って軸を切る。こんにゃくは厚さの半分に切りこみを入れて開き、熱湯でゆでる。菜の花は熱湯でサッとゆで、冷水にとって水けを絞る。
  2. ふきは熱湯でゆで、冷水にさらして皮をむき、水けをふいて4cm長さに切る(1人2本づけ)。鍋にBのだし汁、たけのこ、椎茸、こんにゃくを入れて火にかけ、煮立ったら弱火にし、10分ほど煮る。
  3. 残りのBを入れてさらに10分ほど煮、火を止めて味を含ませる。別の鍋にCを入れて煮立て、ふき、菜の花を入れて火を止める。ボウルに移し、底を氷水に当てて冷まし、味を含ませる。
  4. Aを混ぜ合わせて炊き上がったご飯に加え、混ぜて冷ます。俵形に握り(1人5個づけ)、器に盛りつける。ご飯の上にこんにゃくを開いてのせ、たけのこ、菜の花、椎茸、ふきをのせる。