サバの味噌煮

サバの味噌煮

234 kcal(1人分)|日本|30分以下

おなじみのサバの味噌煮は、ぜひマスターしたい調理法。火の通りをよくし、味をしみ込みやすくするために、サバの皮目に切り目を入れておくのもテクニックのひとつ。また、味噌は焦げやすいので、火加減には十分に気をつけましょう。サバはDHAやIPAをたっぷり含んだ栄養満点の青背の魚ですが、独特のくせが苦手な方も多いはず。味噌の風味で生臭さが消える味噌煮は、そんな方でもおいしくいただけるおすすめの定番メニューです。

  • ピン

材料(2人分)

さば(1切れ80g) 2 切れ
小さじ 2
Aだし汁 120 ml
A砂糖 小さじ 1・1/3
A味噌 小さじ 2・2/3
しし唐辛子 4 本
白ねぎ 30 g

分量は骨や皮を除いた実際に口に入る分量で記載しています。完成後はカロリー管理のため、1人分に分けて召し上がってください。
※計量の単位は、大さじ1=15mL、小さじ1=5mL、1カップ=200mLです。

作り方

  1. サバの味噌煮再生
    1

    さばは皮目に切り込みを入れておく。しし唐辛子は竹串などでところどころ穴をあけ、白ねぎは3〜4cm長さに切る。

  2. サバの味噌煮再生
    2

    白ねぎとしし唐辛子を焼き網にのせ、サッと焼く。

  3. サバの味噌煮再生
    3

    鍋にAを入れて煮立て、さばを重ならないように並べ入れる。落としぶたをして中火で煮る。

  4. サバの味噌煮再生
    4

    煮汁が半分くらいになったら火を止める。器に盛り、煮汁をかけ、しし唐辛子と白ねぎを添える。