さわらのバタぽん

さわらのバタぽん

188 kcal(1人分)|日本,西洋|30分以下

さわらは、魚へんに春と書きます。文字通り、春らしい魚ですね。パターとポン酢でたれを作って焼くので「バタポン」です。バターとさっぱりポン酢が魚料理とは思えないコクと旨味に変身します。このネーミングもしかり、忘れられない味の組み合わせです。お皿もいつもとは少し趣向を変えて、春の食卓を演出してみましょう。

  • ピン

材料(2人分)

さわら(1切れ70g) 2 切れ
0.60 g
粗びき黒こしょう 少々
小麦粉 適宜
大さじ 1
小さじ 1
Aだし汁 小さじ 2
Aぽん酢醤油 小さじ 2
Aバター 小さじ 1
菜の花 60 g

分量は骨や皮を除いた実際に口に入る分量で記載しています。完成後はカロリー管理のため、1人分に分けて召し上がってください。

作り方

  1. さわらのバタぽん再生

    さわらは塩、粗びき黒こしょうを両面に振り、小麦粉をまぶす。菜の花は熱湯で色よくゆで、冷水にとって水けを絞り、根元を落として3cm長さに切る。

  2. さわらのバタぽん再生

    フッ素樹脂加工のフライパンにサラダ油を熱し、さわらを皮目から焼く。焼き色がついたら裏返し、酒を入れてふたをし、蒸し焼きにする。両面が焼けたら、いったん取り出す。

  3. さわらのバタぽん再生

    2のフライパンの汚れをふき取り、Aを入れて煮詰め、2を戻し入れてからめ、取り出す。フライパンを冷まし、大さじ1の水(分量外)を入れて火にかけ、少し煮詰めてたれを作る。器にさわらを盛り、菜の花を添え、たれをかける。

  1. さわらは塩、粗びき黒こしょうを両面に振り、小麦粉をまぶす。菜の花は熱湯で色よくゆで、冷水にとって水けを絞り、根元を落として3cm長さに切る。
  2. フッ素樹脂加工のフライパンにサラダ油を熱し、さわらを皮目から焼く。焼き色がついたら裏返し、酒を入れてふたをし、蒸し焼きにする。両面が焼けたら、いったん取り出す。
  3. 2のフライパンの汚れをふき取り、Aを入れて煮詰め、2を戻し入れてからめ、取り出す。フライパンを冷まし、大さじ1の水(分量外)を入れて火にかけ、少し煮詰めてたれを作る。器にさわらを盛り、菜の花を添え、たれをかける。