たけのことふきの煮物

たけのことふきの煮物

37 kcal(1人分)|日本|30分以下

たけのことふきを風味良く煮た、季節感あふれる一品です。たけのこは、ずんぐりとした釣鐘形で皮がみずみずしくつやがあり、うぶ毛が揃っていて湿った土がついているものが新鮮で良質です。新鮮なものほど柔らかくてエグ味も少なく、掘りたてのものは生でも食べられます。時間が経つとえぐみが増すので、新鮮なうちに下ゆでを済ませます。穂先は薄味の煮もの、姫皮は和えもの、酢のもの、椀種、中央部や根本は濃い味の含め煮や焼きもの、炊き込みご飯など、料理によって部位を使い分けると、一層美味しくいただけます。

  • ピン

材料(2人分)

ゆでたけのこ(新物) 100 g
生麩 10 g
Aだし汁 2 カップ
Aみりん 小さじ 2・1/3
A淡口醤油 小さじ 2/3
A 小さじ 1/4強
ふき 60 g
Bだし汁 1/2 カップ
Bみりん 小さじ 1・1/3
B淡口醤油 小さじ 1/3
B 小さじ 1/6弱

分量は骨や皮を除いた実際に口に入る分量で記載しています。完成後はカロリー管理のため、1人分に分けて召し上がってください。

作り方

  1. たけのことふきの煮物再生

    たけのこは、穂先を縦4等分に切り、根元は食べやすい大きさに切る。生麩は1人2枚ずつになるように切る。ふきは塩(分量外)を振って板ずりし、熱湯でゆでる。冷水に落として皮をむき、水けを取って4〜5cm長さに切る。

  2. たけのことふきの煮物再生

    鍋にA、たけのこ、生麩を入れて火にかけ、5分ほど煮る。火を止めてそのまま冷まし、味を含ませる。

  3. たけのことふきの煮物再生

    別の鍋にBを入れて温め、ふきを入れてひと煮立ちさせ、火を止める。ボウルに移し、底を氷水に当てて冷ます。器にふき、2を盛りつける。

  1. たけのこは、穂先を縦4等分に切り、根元は食べやすい大きさに切る。生麩は1人2枚ずつになるように切る。ふきは塩(分量外)を振って板ずりし、熱湯でゆでる。冷水に落として皮をむき、水けを取って4〜5cm長さに切る。
  2. 鍋にA、たけのこ、生麩を入れて火にかけ、5分ほど煮る。火を止めてそのまま冷まし、味を含ませる。
  3. 別の鍋にBを入れて温め、ふきを入れてひと煮立ちさせ、火を止める。ボウルに移し、底を氷水に当てて冷ます。器にふき、2を盛りつける。