高野豆腐の椎茸詰め

高野豆腐の椎茸詰め

77 kcal(1人分)|日本|40分以下

高野豆腐は良質のたんぱく質なので、煮物としてだけではなく、もっとレシピを増やして、いろいろな調理法で楽しみましょう。このレシピでは、戻す前の高野豆腐をすりおろし、詰め物の具として使います。食物繊維と旨味がたっぷりの椎茸に詰めて電子レンジで蒸し、あんをかけていただきます。

  • ピン

材料(2人分)

高野豆腐 15 g
10 g
0.40 g
こしょう 少々
ほうれん草 30 g
人参 30 g
生椎茸(大) 80 g
小麦粉 適宜
Aだし汁 1/4 カップ
A淡口醤油 小さじ 1
Aみりん 小さじ 1/4
A砂糖 小さじ 1/2
片栗粉 小さじ 1/3
小さじ 1/2
しょうが 4 g

分量は骨や皮を除いた実際に口に入る分量で記載しています。完成後はカロリー管理のため、1人分に分けて召し上がってください。

電子レンジの加熱時間は、600Wで加熱した場合の目安です。ワット数が異なる電子レンジをお使いの場合、加熱時間は様子を見ながら加減してください。

作り方

  1. 高野豆腐の椎茸詰め再生

    高野豆腐はすりおろし、湯を加えて混ぜ、よく水けを絞る。ボウルに入れ、溶き卵を加えて混ぜ合わせ、塩、こしょうを振る。

  2. 高野豆腐の椎茸詰め再生

    ほうれん草は葉先だけを摘んでゆで、氷水にとって水けを絞り、裏ごしする。人参はすりおろして水けを絞る。しょうがは細切りにし、サッと水にさらして水けをきっておく。

  3. 高野豆腐の椎茸詰め再生

    1の高野豆腐を2等分し、ほうれん草と人参をそれぞれ加えて混ぜ合わせる。椎茸は軸を取って小麦粉を軽く振り、高野豆腐の詰め物を半分ずつ詰めて耐熱容器に入れ、ラップをかけ電子レンジで5分ほど加熱する。

  4. 高野豆腐の椎茸詰め再生

    鍋にAを入れて煮立て、水溶き片栗粉でとろみをつけてあんを作る。椎茸を器に盛り、あんをかけ、しょうがを添える。

ワンポイントアドバイス
椎茸の旨味のもとは、グルタミン酸という成分です。このグルタミン酸が新陳代謝を促進し、老化防止にも効果があります。
  1. 高野豆腐はすりおろし、湯を加えて混ぜ、よく水けを絞る。ボウルに入れ、溶き卵を加えて混ぜ合わせ、塩、こしょうを振る。
  2. ほうれん草は葉先だけを摘んでゆで、氷水にとって水けを絞り、裏ごしする。人参はすりおろして水けを絞る。しょうがは細切りにし、サッと水にさらして水けをきっておく。
  3. 1の高野豆腐を2等分し、ほうれん草と人参をそれぞれ加えて混ぜ合わせる。椎茸は軸を取って小麦粉を軽く振り、高野豆腐の詰め物を半分ずつ詰めて耐熱容器に入れ、ラップをかけ電子レンジで5分ほど加熱する。
  4. 鍋にAを入れて煮立て、水溶き片栗粉でとろみをつけてあんを作る。椎茸を器に盛り、あんをかけ、しょうがを添える。