e地産地消

ミニトマト

ミニトマト

名称 ミニトマト
都道府県名 和歌山県
区分 野菜類
分類 ナス科トマト属
学名 Lycopersicon esculentum Mill.
外国語名 Tomato
生産地 和歌山県内 とくに印南町、日高町
収穫地域情報 他県よりミニトマトの栽培割合が多い。50haの面積で栽培されている。
別名 プチトマト、チェリートマト
歴史背景 全国と比較すると、普通のトマトに比べてミニトマトの割合が大きく、特徴のあるものが栽培されている。
時期 11月〜6月
特徴 和歌山県では、完熟房どりで糖度が赤い「赤糖房(あかとんぼ)」、房どりではないが糖度が高い「優等星(ゆうとうせい)」、農薬と化学肥料の使用量を半分以下に減らした「美味房(おいしんぼう)」など特徴のあるミニトマトが栽培されている。
下処理 へたを取り、沸騰したお湯に数秒入れて冷水に取って粗熱を取った後、皮を引っ張るように向くと舌触りがよくなる。
料理名 サラダ、炒めもの、ミネストローネスープ、パスタソースなど
選び方 形が丸いもの、尻の放射状の筋が多いもの、はっきりしているものを選ぶ。ずしりと重いものは甘味が強い。
保存方法 収穫後も追熟するため、冷蔵庫には入れず、風の当たらない冷暗所で保存する。
栄養 β−カロテンやビタミンCは普通のトマトより多い。リコピン、クエン酸も豊富。
問い合わせ先 和歌山県農林水産部農業生産局果樹園芸課
http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/070300/

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。