e地産地消

白なす

白なす

名称 白なす
都道府県名 鹿児島県
区分 野菜類
分類 ナス科ナス属
学名 Solanum Melongena L.
生産地 県下全域
別名 薩摩白なす,白長なす,白丸なす,巾着なす
歴史背景 病気に強く栽培が容易で味が良いことから、古く(戦前)から淡緑色の在来白なすが広く栽培されてきた。アクが少ないことから、産後に食べるなすは白なすでないといけないと言われていた。
平成20年に「かごしまの伝統野菜」に選定されている。
時期 7月〜9月
特徴 長なすと丸なすがあり、丸なすには縦長の巾着型と米なすに似た系統がある。丸なすの果皮は淡白色。長なすは淡緑色。果皮はやや硬いが、口当たりはよく食べやすい。アクが少ない。丸ナスには小さな孔隙があり、果実の大きさに比べて軽い。
料理名 焼きなす、煮物、味噌汁、揚げびたし、炒め物、漬物、パスタ
選び方 皮にハリがあり、つやのあるものを選ぶ。
保存方法 ポリ袋に入れて冷蔵庫の野菜室で保存する。
栄養 水分とカリウム、食物繊維が豊富。
問い合わせ先 鹿児島県農政部農政課
食育・地産地消推進係
099-286-3093

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。