e地産地消

紫ずきん

紫ずきん

名称 紫ずきん
都道府県名 京都府
区分 豆類
分類 マメ科ダイズ属
学名 Glycine max
生産地 京都市、亀岡市、南丹市、京丹波町、福知山市、宮津市、京丹後市、伊根町、与謝野町、舞鶴市、綾部市
収穫地域情報 丹波、丹後地域の特産物として栽培。
由来 薄皮が薄紫色をしていることや、豆の形が頭巾と似ていることから命名された。
歴史背景 丹波黒大豆を枝豆専用の品種として改良した豆。1996年に「京のブランド産品」に認定された。
時期 9月上旬〜10月下旬
特徴 薄皮が薄紫色をしている。粒が大きく、味が濃厚で糖分が通常の枝豆の3〜5倍あり、コクのある甘みが特徴。
料理名 塩茹で、枝豆ご飯、かき揚げなど
栄養 タンパク質、脂質、炭水化物、食物繊維が豊富。皮にアントシアニンを含む。ビタミンC、Eを含む。
問い合わせ先 公益社団法人 京のふるさと産品協会
http://kyo-furusato.jp

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。