e地産地消

親田辛味大根

親田辛味大根

名称 親田辛味大根
都道府県名 長野県
区分 野菜類
分類 アブラナ科ダイコン属
生産地 下條村親田地区
収穫地域情報 下條村は長野県南部にある中山間地域で、昼夜の寒暖差が激しい。
歴史背景 正徳年間(1711〜1716年)に尾張徳川家に献上された記録がある。この頃盛んに栽培されていたとされるが、来歴は不明。
時期 11月上旬〜3月下旬、6月下旬〜8月上旬
特徴 根はやや扁平な球形で、200-300グラムほどの重さ。根の色は白と赤の2種類がある。肉質は緻密で硬い。大根特有の生臭さがない。辛いが大根特有の甘さもあり、おろし大根に向いている。
料理名 大根おろし、キノコのおろし和え
栄養 カリウム、β−カロテンが豊富。一般的な青首大根と比べて、辛味成分イソチオシアネートを4倍近く含む。

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。