eクッキングスクール

揚げ油の温度

揚げ油の温度は、調理用温度計以外でもある程度見分けることができる。天ぷらなどを揚げるときは衣が浮き上がってくるタイミングで判断し、衣を使わない揚げ物の場合は菜ばしを入れ、はしの先から出てくる泡の勢いで判断する。

<作り方工程1>

衣を油に落とし、底まで沈んでゆっくりと上がってくればおよそ140℃、すぐに浮き上がってくればおよそ160℃、底まで沈まず、中ほどで浮き上がってくればおよそ180℃、軽く沈んですぐに表面でパッと散るように広がればおよそ200℃。

<作り方工程2>

菜ばしを入れ、はしの先から泡がゆっくりと出ればおよそ160℃、はし全体から泡がフワフワと出ればおよそ180℃、全体から泡がすぐに勢いよく出ればおよそ200℃。

調理のポイント