eクッキングスクール

日本茶の入れ方(せん茶)

せん茶の茶葉は、湯100mlにつき茶さじ1杯が目安。

<作り方工程1>

沸騰させた湯を湯冷ましに注ぎ、70〜90℃に冷ます。茶葉を急須に入れ、湯冷ましの湯を注ぎ入れてふたをし、1〜2分おく。湯冷ましがないときは、沸騰させた湯を直接湯のみに注ぎ、70〜90℃に冷ましてから、急須に注いでもよい。

<作り方工程2>

湯のみにお茶を少し注ぎ、急須をいったん元の位置に戻すと、急須の中のお茶の濃度が均一になる。ふたたび湯のみにお茶を注ぎ、急須を元の位置に戻す。これをくり返して、最後の一滴まで注ぎきる。複数の湯のみにお茶を注ぐ場合は、同様にしながら回し注ぎをすると濃度が一定になる。