綺麗に 元気に 無理なく 楽しい eヘルシーカレンダー 毎月1日更新 Powered by 東京カレンダー vol66

街で見つけたアイテム

“持続可能な漁業”の推進と普及に向けた取り組みMSCラベル

MSCラベル

問い合わせ:
Marine Stewardship Council(海洋管理協議会)
http://www.msc.org/jp

先頃、ウナギの養殖に使う稚魚のシラスウナギがアジアで豊漁とニュースで伝えられた。しかし、昨年は不漁でうなぎの価格が高騰。土用の丑の日を前に、“うなぎが食べられなくなるのでは?”と、ちょっとした騒動になったことは記憶に新しい。ただ、これはうなぎに限ったことではなく、危機的状況にある魚は少なくない。その中で魚を乱獲や絶滅から守る取り組みが始まっている。海洋管理協議会(MSC)の活動もそのひとつ。MSC日本事務所広報担当マネージャーの牧野倫子さんは、MSCの活動についてこう語る。

「MSCは本部をロンドンに置く、1997年に設立された国際的な非営利団体(NPO)です。減少傾向にある世界の水産資源の回復と海洋環境の保全を目指し、水産資源を管理して次世代へ残す“持続可能な漁業”の推進と普及に向けた取り組みを行っています」

主となる活動は『海のエコラベル』とよばれる『MSCエコラベル』の管理・推進だ。この認証ラベルはMSCの厳正な環境規準を満たした漁業で獲られた水産物のみに付けることができる。認証は、持続可能で環境に配慮した漁をしている漁業者に対する漁業認証と、その認証された漁業で獲られた魚を取り扱う水産加工・流通・小売業者に対する認証の2種。2種ある理由をこう明かす。

「MSCの漁業認証を取得した漁業者によって獲られた魚は、同じくMSCの認証を受けた流通・製造加工・販売の企業により、しっかりと管理されることで初めて『MSCラベル』のついた商品として消費者の前に並ぶ。つまり厳格なチェックと管理の連携により、漁獲からパッケージ商品となってみなさんに魚が届けられるのです」

世界ではMSCラベルの認知が確実に高まっているそうだ。

「現在、MSC認証取得漁業は世界各地で200を超えました。日本では京都のズワイガニ、アカガレイ漁業と、北海道のホタテガイ漁業が取得しています。それにともないMSCのラベル付き製品も増え、今年1月で約2万2800製品が世界102カ国で販売されています。そうした消費者ニーズの高まりもあり、欧米ではウォル・マートなど、MSC認証を受けた水産物の調達を経営方針に据える大手小売企業も増えています」

日本でも輸入した水産物を主に、MSCラベルを貼った商品数は約200種類と増加。イオンなど販売店も徐々に増えている。牧野さんは「国連食糧農業機関で発表されているように日本人1人当たりの水産物消費量は世界有数。このラベルが、少しでも水産資源について関心を持つきっかけになってくれたらうれしい」と語る。ここ数年で食の「安心」「安全」の意識は高まりつつある。これからはそこに「健全」を加えて商品を選ぶ時代になるのかもしれない。

PDF版はコチラ
TOP