「おいしい」のコツ

40

豚三枚肉のステーキをおいしく
焼くための6つのコツ

豚肉の脂身の旨味、甘味は格別です。
三枚肉は脂の量が多いだけに、厚切りでステーキに? と驚かれるかもしれません。
でも「下ゆで」という手法を使えば、
脂っこくならずに、三枚肉の魅力を増幅させることができるのです。
野菜などの下ゆでと違い、塊のまま2時間ほどコトコトとゆでます。
こうすることで、余計な脂分、水分とともに
アクや臭みも取り除くことができますし、やわらかくなります。
焼く際には、表面は香ばしく、カリッとした食感に仕上げましょう。
トロトロになった脂身とのコントラストもおいしさに繋がるコツです。

「おいしい」のコツ

40

豚三枚肉のステーキをおいしく
焼くための6つのコツ

豚肉の脂身の旨味、甘味は格別です。
三枚肉は脂の量が多いだけに、厚切りでステーキに? と驚かれるかもしれません。
でも「下ゆで」という手法を使えば、
脂っこくならずに、三枚肉の魅力を増幅させることができるのです。
野菜などの下ゆでと違い、塊のまま2時間ほどコトコトとゆでます。
こうすることで、余計な脂分、水分とともに
アクや臭みも取り除くことができますし、やわらかくなります。
焼く際には、表面は香ばしく、カリッとした食感に仕上げましょう。
トロトロになった脂身とのコントラストもおいしさに繋がるコツです。

水から入れ、沸騰したらやわらかい
火でコトコト約2時間煮る

 塊のまま水から入れます。沸騰したら、ポコッポコッと豚が踊る位の火加減に。グラグラさせると肉質が硬くなるので気をつけてください。野菜でもなんでもそうですが、やわらかい火で煮ると、やわらかい味になるのです。

水から入れ、沸騰したらやわらかい
火でコトコト約2時間煮る

 塊のまま水から入れます。沸騰したら、ポコッポコッと豚が踊る位の火加減に。グラグラさせると肉質が硬くなるので気をつけてください。野菜でもなんでもそうですが、やわらかい火で煮ると、やわらかい味になるのです。

ゆであがったら、そのまま冷めるまで待つ

 肉がやわらかくなったら火を止め、さらに余熱を利用するべくそのまま冷めるまで待ちます。

ゆであがったら、そのまま冷めるまで待つ

 肉がやわらかくなったら火を止め、さらに余熱を利用するべくそのまま冷めるまで待ちます。

塊のまま皮目から焼く

 最初から一人分に切り分けるよりも、皮目に焼き目がつけやすいので塊のまま焼きます。生のまま焼くと脂や水分が多く跳ねますが、下ゆでをしていると跳ねが随分少なくなるというメリットもあります。時々フライパンに押し付けるようにしてしっかり焼き目をつけてください。
 ※今回、皮付きの三枚肉を使っています。皮の部分はコラーゲンなので脂とはまた違ったプルンとした食感があリます。入手できなければ、脂の部分に焼き目をつけてください。

塊のまま皮目から焼く

 最初から一人分に切り分けるよりも、皮目に焼き目がつけやすいので塊のまま焼きます。生のまま焼くと脂や水分が多く跳ねますが、下ゆでをしていると跳ねが随分少なくなるというメリットもあります。時々フライパンに押し付けるようにしてしっかり焼き目をつけてください。
 ※今回、皮付きの三枚肉を使っています。皮の部分はコラーゲンなので脂とはまた違ったプルンとした食感があリます。入手できなければ、脂の部分に焼き目をつけてください。

皮目が焼けたら一旦取り出して一人分の厚さに切る

 皮目が焼けたら一旦取り出して、半分(あるいは一人分の厚さ)に切り、4面を焼いて中まで火を入れます。出てきた油はキッチンペーパーで拭き取りながら、フライパンの側面などいろいろなところを使って焼き目をつけてください。
 下ゆでを2時間しているので、肉自体には充分に火が入り、脂もトロトロになっていますが、表面をカリッと香ばしく焼いた方が食欲をそそられるのではないでしょうか。

皮目が焼けたら一旦取り出して一人分の厚さに切る

 皮目が焼けたら一旦取り出して、半分(あるいは一人分の厚さ)に切り、4面を焼いて中まで火を入れます。出てきた油はキッチンペーパーで拭き取りながら、フライパンの側面などいろいろなところを使って焼き目をつけてください。
 下ゆでを2時間しているので、肉自体には充分に火が入り、脂もトロトロになっていますが、表面をカリッと香ばしく焼いた方が食欲をそそられるのではないでしょうか。

塩はやや強めにしっかりふる

 味付けに塩をふります。脂の旨味を味わうには、やや塩は強めにふるのがおすすめです。

塩はやや強めにしっかりふる

 味付けに塩をふります。脂の旨味を味わうには、やや塩は強めにふるのがおすすめです。

豚三枚肉の焼き方のポイント

豚肉と相性のよいリンゴのソテーを添えます

 付け合わせのおすすめはリンゴのバターソテーです。フランスやイタリア料理でも、豚とリンゴの組み合わせがよく見られますが、豚の脂をリンゴの酸味が爽やかに緩和させてくれるのです。
 ちょと塩をしてバターで表面に焼き色がつくまでソテーしたら、一口大に切り分けた豚肉に添えて出来上がりです。

豚肉と相性のよいリンゴのソテーを添えます

 付け合わせのおすすめはリンゴのバターソテーです。フランスやイタリア料理でも、豚とリンゴの組み合わせがよく見られますが、豚の脂をリンゴの酸味が爽やかに緩和させてくれるのです。
 ちょと塩をしてバターで表面に焼き色がつくまでソテーしたら、一口大に切り分けた豚肉に添えて出来上がりです。

おいしい「豚の三枚肉のステーキ」の作り方

以上の6つのコツをしっかり押さえたら、今度は映像で、おいしい「豚の三枚肉のステーキ」の作り方を見てみましょう!