vol.

「おいしい」のコツ

おいしい焼きそば風もやし炒めを作るための5つのコツ

焼きそばが好きな人、きっとたくさんいらっしゃいますよね。
ただ、カロリーを考えると頻繁に食べるには気が引けます。
そこで考えたのがもやしを使った“焼きそば風”の料理です。
もやしだけでは、焼きそば風にはなりませんが、
えのきを加え、茶色に焼き色をつけると
“そばかな?”と思っていただけるような見た目に。
ただ、もやしは水分が多いので、前日から水分を飛ばしておきます。
また、えのきは最後に焼き付けるようにすると、こんがりと色づき、
“おいしそう!”と声が上がる仕上がりになるのです。

「おいしい」のコツ

47

おいしい焼きそば風もやし炒めを作るための5つのコツ

焼きそばが好きな人、きっとたくさんいらっしゃいますよね。
ただ、カロリーを考えると頻繁に食べるには気が引けます。
そこで考えたのがもやしを使った“焼きそば風”の料理です。
もやしだけでは、焼きそば風にはなりませんが、
えのきを加え、茶色に焼き色をつけると
“そばかな?”と思っていただけるような見た目に。
ただ、もやしは水分が多いので、前日から水分を飛ばしておきます。
また、えのきは最後に焼き付けるようにすると、こんがりと色づき、
“おいしそう!”と声が上がる仕上がりになるのです。

前日からもやしの水分を飛ばしておく

 袋から出して、紙の上などに広げて一晩おき、水分を飛ばして、半乾きにしておく。

前日からもやしの水分を飛ばしておく

 袋から出して、紙の上などに広げて一晩おき、水分を飛ばして、半乾きにしておく。

豚肉をできるだけ細長く切る

 豚肉は赤身を使います。身を広げて斜めにできる限り細長く切ってください。
 ボウルに入れて、やや多めのゴマ油を加えてなじませませると、味わいが増すだけでなく、炒めるときもほぐしやすくなります。

豚肉をできるだけ細長く切る

 豚肉は赤身を使います。身を広げて斜めにできる限り細長く切ってください。
 ボウルに入れて、やや多めのゴマ油を加えてなじませませると、味わいが増すだけでなく、炒めるときもほぐしやすくなります。

豚肉、もやしを炒める

 フライパンが温まらないうちに豚肉を入れ、ほぐし広げながら炒めます。
 豚肉が少し白っぽくなってきたら、もやしを入れて弱火にします。

豚肉、もやしを炒める

 フライパンが温まらないうちに豚肉を入れ、ほぐし広げながら炒めます。
 豚肉が少し白っぽくなってきたら、もやしを入れて弱火にします。

えのきを加え、塩・コショウで味付けする

 もやしが色づき始めたら、えのきを加えて炒めます。
 えのきがしんなりしてきたら、塩とコショウで味付けします。

えのきを加え、塩・コショウで味付けする

 もやしが色づき始めたら、えのきを加えて炒めます。
 えのきがしんなりしてきたら、塩とコショウで味付けします。

もやしの火入れの仕方

最後に強火にして表面を焼き付ける

 フライパンの中央にきれいにまとめるようにして、ゴマ油を少し回しかけて、強火にします。
 えのきに焼き色がついたら、お皿に表面が出るようひっくり返して盛り付けて出来上がりです。

最後に強火にして表面を焼き付ける

 フライパンの中央にきれいにまとめるようにして、ゴマ油を少し回しかけて、強火にします。
 えのきに焼き色がついたら、お皿に表面が出るようひっくり返して盛り付けて出来上がりです。

焼きそば風もやし炒めの作り方

以上5つのコツをしっかり押さえたら、今度は映像で、おいしい「焼きそば風もやし炒め」の作り方を見てみましょう!