vol.

「おいしい」のコツ

大根が具のシンプルな大根餅

今では、台湾では朝食屋台で出るほどの家常菜になっている「大根餅」。
本場のものは、干エビや干貝柱、腸詰などを刻んだものが入っていたり、
砂糖を入れていたりしたものも多く、
食べた時に“大根”の美味しさを感じることが少ないようにも思います。
今回、つくる大根餅は、外はカリッ、中はモッチモチ、
味わいはさっぱりとシンプルなだけに、香りと甘みを味わうこともできます。
それに、食感のアクセントが刻んだ大根が具という意外性も楽しいでしょう?
作り方もいたって簡単ですが、「大根だけでこんなに美味しくなるの?」と
驚かれる一品になること間違いありません。

「おいしい」のコツ

51

大根が具のシンプルな大根餅

今では、台湾では朝食屋台で出るほどの家常菜になっている「大根餅」。
本場のものは、干エビや干貝柱、腸詰などを刻んだものが入っていたり、
砂糖を入れていたりしたものも多く、
食べた時に“大根”の美味しさを感じることが少ないようにも思います。
今回、つくる大根餅は、外はカリッ、中はモッチモチ、
味わいはさっぱりとシンプルなだけに、香りと甘みを味わうこともできます。
それに、食感のアクセントが刻んだ大根が具という意外性も楽しいでしょう?
作り方もいたって簡単ですが、「大根だけでこんなに美味しくなるの?」と
驚かれる一品になること間違いありません。

具にする大根を千切りにして、下ゆでする

 厚さ3センチくらいに切った大根の皮をむき、3〜5ミリくらいの千切りにして、さっと茹でておきます。

具にする大根を千切りにして、下ゆでする

 厚さ3センチくらいに切った大根の皮をむき、3〜5ミリくらいの千切りにして、さっと茹でておきます。

大根の皮を厚めにむき、擦りおろして水分を絞る

 大根の皮は厚めにむいて擦りおろします。
 皮は一夜干しにしてから漬物にしたり、炒めたりするとおいしいです。
 おろした大根そのままでは水分が多すぎるので絞ります。
 500gの大根がだいたい300gくらいになるでしょう。

大根の皮を厚めにむき、擦りおろして水分を絞る

 大根の皮は厚めにむいて擦りおろします。
 皮は一夜干しにしてから漬物にしたり、炒めたりするとおいしいです。
 おろした大根そのままでは水分が多すぎるので絞ります。
 500gの大根がだいたい300gくらいになるでしょう。

絞った大根に、片栗粉と白玉粉を加えて練り、ゆでた大根を加える

 片栗粉と白玉粉を加えますが、先に片栗粉、次に白玉粉の順で混ぜるのがおすすめです。
 というのも、白玉粉は水分と同化しやすいので水分が少なくなっていも混ぜやすいからです。
 大根に粉がよく馴染んだら、塩を振って少しだけ味をつけます。
 さらに、下茹でした千切り大根を加えて軽く混ぜ合わせたら、生地を叩きつけるようにして空気を抜きながら練ります。

絞った大根に、片栗粉と白玉粉を加えて練り、ゆでた大根を加える

 片栗粉と白玉粉を加えますが、先に片栗粉、次に白玉粉の順で混ぜるのがおすすめです。
 というのも、白玉粉は水分と同化しやすいので水分が少なくなっていも混ぜやすいからです。
 大根に粉がよく馴染んだら、塩を振って少しだけ味をつけます。
 さらに、下茹でした千切り大根を加えて軽く混ぜ合わせたら、生地を叩きつけるようにして空気を抜きながら練ります。

耐熱のバットに入れて15分ほど蒸す

 耐熱のバットにきれいにならして入れます。
 蒸気の立った蒸し器に入れて全体が透明になるまで強火で15分ほど蒸してください。

耐熱のバットに入れて15分ほど蒸す

 耐熱のバットにきれいにならして入れます。
 蒸気の立った蒸し器に入れて全体が透明になるまで強火で15分ほど蒸してください。

大根の調理の仕方

蒸しあがった大根餅を切り分け、四方を焼く

 蒸し器から取り出し、粗熱が取れたらバットからはずし、食べやすい大きさに切り分けます。
 フライパンにサラダ油でもゴマ油でもお好みの油を敷いて、四方にカリッとした焼き色をつけます。
 本場の大根餅は、カリッと焼いた食感がないものが多いようですが、これはカリカリっとして中はもっちりの仕上がりになりますから、大根餅のイメージが変わるかもしれません。

蒸しあがった大根餅を切り分け、四方を焼く

 蒸し器から取り出し、粗熱が取れたらバットからはずし、食べやすい大きさに切り分けます。
 フライパンにサラダ油でもゴマ油でもお好みの油を敷いて、四方にカリッとした焼き色をつけます。
 本場の大根餅は、カリッと焼いた食感がないものが多いようですが、これはカリカリっとして中はもっちりの仕上がりになりますから、大根餅のイメージが変わるかもしれません。

練り辛子を添えて盛り付ける。

 大根の甘みとした味で加えた塩で味はしっかり出ますので、醤油をつけなくても十分と思います。
 練りからしは大根と合うのでぜひ添えていただきたいですね。

練り辛子を添えて盛り付ける。

 大根の甘みとした味で加えた塩で味はしっかり出ますので、醤油をつけなくても十分と思います。
 練りからしは大根と合うのでぜひ添えていただきたいですね。

大根が具のシンプルな大根餅の作り方

以上6つのコツをしっかり押さえたら、今度は映像で、おいしい「大根が具のシンプルな大根餅」の作り方を見てみましょう!