塩/食塩

区分:調味料及び香辛料類

写真:塩

特徴

塩の原料には海水、岩塩、鹹湖(塩分の濃い湖)の3つがある。国内で売られる塩は日本国内で海水をイオン交換膜法によって濃縮した塩(食塩、並塩など)と輸入塩(天日塩、岩塩)を国内で精製した塩(食卓塩など)が中心である。これ以外に古来からの製法で作った塩や輸入岩塩がある。イオン交換膜法で作った塩は塩化ナトリウムが99%。

選び方

料理によってにがり成分のない食塩とにがり成分を含む粗塩や岩塩、天日塩を使い分ける。使用量が少ない家庭の場合は固まりにくい焼き塩や食卓塩などにするとよい。

保存方法

保存中にゴミや異物が入らない様に容器に入れる。固まっても、崩して使えば問題ないが湿気ないようにする方がよい。

栄養

栄養成分表示ではナトリウム、マグネシウム、カルシウム、カリウム量と塩化ナトリウム量が表示される。イオン交換膜法で作られた塩はほとんどが塩化ナトリウムであり、他のミネラルは含まれない。