ソラマメ

区分:野菜類

写真:ソラマメ

特徴

完熟したマメを用いる品種と若いマメを野菜として用いる品種がある。ここでは野菜として取り上げている。特有の香りとほのかな甘味が特徴であるが、鮮度が落ちやすくできるだけはやく食べるのがよい。

選び方

5~6月に出回るものは青果用のやわらかい豆(若い豆)。そら豆は、味落ちが早く、おいしく味わえる期間は、収穫後約3日間といわれる。そら豆の味は鮮度次第。さやから取り出して空気に触れた豆はすぐに堅くなり、風味も急速に落ちるので、手早く調理することが大切。選ぶときは、さやがきれいな緑色で、しわのないものが新鮮。むき実なら爪の部分の色が黄緑色で、皮の張ったものを。サヤの色がきれいな緑色で外から見て豆の形がそろっているもの。サヤの膨らみの中で豆がよく育っているものがよい。マメがサヤついている部分が黒いのでお歯黒とよぶが、黒が濃いのは熟れすぎているので味は落ちる。

保存方法

呼吸が大きく鮮度低下が激しいので収穫後はできるだけ早く冷却する。乾燥しないようにポリ袋に入れて冷蔵庫で保存する。むき豆は硬くなりやすいのでできるだけ早く使う方がよい。あるいは、ゆでて冷凍保存する。

栄養

タンパク質、カリウム、鉄、ビタミンB1、B2、Cなどが比較的多い。ビタミンB群、葉酸も多い。