南部雑煮

199 kcal(1人分)|日本|40分以下

南部雑煮

movie

大根、人参、ごぼう、鶏肉など具だくさんのすまし汁に、おもちは角もちで。仕上げにイクラを盛りつける豪華版です。南部地方(青森県~岩手県の一部)のお雑煮ですが、「うちはイクラは入れない」という方もいらっしゃるかもしれません。「隣の雑煮」という言葉があるほど、同じ地域でも各家庭で中身が違うというのもおもしろいですね。

材料(2人分)

大根 100 g
人参 20 g
ごぼう 20 g
鶏ささ身 40 g
小さじ 1/2
イクラ 20 g
小さじ 1/2
蒸しかまぼこ 2 枚
もち(角もち) 2 個
三つ葉 4 g
ゆず,果皮 適宜
だし汁 2 カップ
淡口醤油 小さじ 2/3
小さじ 1弱
小さじ 1/5

分量は骨や皮を除いた実際に口に入る分量で記載しています。完成後はカロリー管理のため、1人分に分けて召し上がってください。
※計量の単位は、大さじ1=15mL、小さじ1=5mL、1カップ=200mLです。

作り方

  1. 南部雑煮再生
    1

    大根、人参、ごぼうは3cm長さの短冊切りにし、ごぼうは酢水(分量外)にさらして水けをきる。大根、人参、ごぼうをともに下ゆでする。

  2. 南部雑煮再生
    2

    鶏ささ身は筋を取ってそぎ切りにし、酒を振る。イクラは酒を振って混ぜる。三つ葉は3cm長さに切り、ゆずの皮は細切りにする。

  3. 南部雑煮再生
    3

    鍋にだし汁を煮立て、1とささ身を加える。火が通ったらアクを取り、淡口醤油、酒、塩で味をととのえる。

  4. 南部雑煮再生
    4

    もちは熱湯でゆで、やわらかくなったら取り出す。椀に3の具を少量盛り、もちをのせ、残りの具、かまぼこ、イクラを盛りつけ、汁を注ぐ。三つ葉を散らし、ゆずの皮をあしらう。

栄養価

エネルギー量 199 kcal
炭水化物 32.1 g
カルシウム 42 mg
食塩相当量 1.63 g
ビタミンE 1.1 mg
ビタミンB6 0.22 mg
コレステロール 63 mg
亜鉛 1 mg
葉酸 45 µg
たんぱく質 12.3 g
食物繊維 1.8 g
マグネシウム 40 mg
ビタミンA 108 µg
ビタミンB1 0.13 mg
ビタミンB12 5.3 µg
ナトリウム 640 mg
0.2 mg
脂質 2.3 g
カリウム 449 mg
0.5 mg
ビタミンD 4.6 µg
ビタミンB2 0.13 mg
ビタミンC 8 mg
リン 162 mg
ナイアシン 4.6 mg

レシピ番号:00208

レシピ監修

本サイトのレシピは管理栄養士の監修のもと制作しています。
eヘルシーレシピ管理栄養士は女子栄養大学及び女子栄養大学クリニック所属管理栄養士などの管理栄養士で構成されています。
本サイトでは厚生労働省の「日本人の食事摂取基準(2015年版)」と
文部科学省の「日本食品標準成分表2015年版(七訂)をベースに独自の計算値で栄養素の摂取量を算出しております。