おいなりさん

313 kcal(1人分)|日本|90分以下

おいなりさん

movie

甘辛く煮た油揚げに、すし飯を詰めたおなじみの味。稲荷神のお使いであるキツネの好物が油揚げ、という言い伝えから、この名がついたとか。合わせ酢と、油揚げの煮汁の調味料を控えて、カロリーと塩分をセーブ。その分、すし飯にちりめんじゃこと青じそを混ぜ込んで、味も栄養も満足度アップの仕上がりに。行楽や運動会などのお弁当にもぜひどうぞ。

材料(4人分)

220 g
240 ml
小さじ 2
だし用昆布(5cm角) 1 枚
A米酢 大さじ 1・1/2強
A砂糖 小さじ 2・2/3
A 小さじ 1/4強
ちりめんじゃこ 20 g
青じそ 3 g
油揚げ(いなり用、1枚10g) 6 枚
Bだし汁 240 ml
B砂糖 大さじ 1強
B淡口醤油 大さじ 1/2強

分量は骨や皮を除いた実際に口に入る分量で記載しています。完成後はカロリー管理のため、1人分に分けて召し上がってください。
※計量の単位は、大さじ1=15mL、小さじ1=5mL、1カップ=200mLです。

作り方

  1. おいなりさん再生
    1

    洗った米は30分ほどザルに上げておく。炊飯釜に米、分量の水、酒、だし用昆布を入れて炊く。Aを混ぜ合わせて合わせ酢を作る。

  2. おいなりさん再生
    2

    青じそはみじん切りにする。油揚げは半分に切り、切り口を広げて袋状に開き、熱湯をかけて油抜きをする。

  3. おいなりさん再生
    3

    鍋にBを煮立て、油揚げを入れ、煮汁がほとんどなくなるまで煮る。炊き上がったご飯にAの合わせ酢を加えて切るように混ぜ、ちりめんじゃこ、青じそを加えて混ぜ合わせる。

  4. おいなりさん再生
    4

    油揚げの汁けを軽く絞り、すし飯を詰めて、俵状に形を整える(1人3個づけ)。

栄養価

エネルギー量 313 kcal
炭水化物 47.8 g
カルシウム 95 mg
食塩相当量 1.09 g
ビタミンE 0.7 mg
ビタミンB6 0.09 mg
コレステロール 20 mg
亜鉛 1.5 mg
葉酸 17 µg
たんぱく質 10.4 g
食物繊維 0.7 g
マグネシウム 54 mg
ビタミンA 19 µg
ビタミンB1 0.07 mg
ビタミンB12 0.5 µg
ナトリウム 432 mg
0.16 mg
脂質 7.6 g
カリウム 135 mg
1 mg
ビタミンD 3.1 µg
ビタミンB2 0.03 mg
ビタミンC 0 mg
リン 177 mg
ナイアシン 1.6 mg

レシピ番号:00979

レシピ監修

本サイトのレシピは管理栄養士の監修のもと制作しています。
eヘルシーレシピ管理栄養士は女子栄養大学及び女子栄養大学クリニック所属管理栄養士などの管理栄養士で構成されています。
本サイトでは厚生労働省の「日本人の食事摂取基準(2015年版)」と
文部科学省の「日本食品標準成分表2015年版(七訂)をベースに独自の計算値で栄養素の摂取量を算出しております。