うなぎのとろろ丼

300 kcal(1人分)|日本|20分以下

うなぎのとろろ丼

movie

やわらかく炊いたご飯に、うなぎを小さく切って乗せ、青のりを加えた長芋のとろろをかけます。すりおろした長芋は口当たりを良くして飲み込みやすくするだけでなく、消化も良いため活用したい食材です。うなぎの代わりに、まぐろを小さく切って「まぐろの山かけ丼」にしても良いでしょう。

材料(2人分)

ご飯(やわらかく炊いたもの) 200 g
Aうなぎ,かば焼 60 g
A 小さじ 1
うなぎのたれ 大さじ 1
長芋(すりおろし) 80 g
青のり 少々

分量は骨や皮を除いた実際に口に入る分量で記載しています。完成後はカロリー管理のため、1人分に分けて召し上がってください。
※計量の単位は、大さじ1=15mL、小さじ1=5mL、1カップ=200mLです。

作り方

  1. うなぎのとろろ丼再生
    1

    Aのうなぎは1cm角に切る。オーブンシートを敷いた天板に並べてAの酒を振り、オーブントースターで約2分温める。

  2. うなぎのとろろ丼再生
    2

    長芋と青のりを混ぜ合わせる。器にご飯を盛り、うなぎのたれをかけ、1を散らす。中央にとろろをかける。

栄養価

エネルギー量 300 kcal
炭水化物 47.1 g
カルシウム 55 mg
食塩相当量 1.04 g
ビタミンE 1.6 mg
ビタミンB6 0.09 mg
コレステロール 69 mg
亜鉛 1.5 mg
葉酸 10 µg
たんぱく質 10.6 g
食物繊維 0.7 g
マグネシウム 19 mg
ビタミンA 450 µg
ビタミンB1 0.29 mg
ビタミンB12 0.7 µg
ナトリウム 410 mg
0.16 mg
脂質 6.7 g
カリウム 291 mg
0.5 mg
ビタミンD 5.7 µg
ビタミンB2 0.24 mg
ビタミンC 2 mg
リン 135 mg
ナイアシン 1.6 mg

レシピ番号:01162

レシピ監修

本サイトのレシピは管理栄養士の監修のもと制作しています。
eヘルシーレシピ管理栄養士は女子栄養大学及び女子栄養大学クリニック所属管理栄養士などの管理栄養士で構成されています。
本サイトでは厚生労働省の「日本人の食事摂取基準(2015年版)」と
文部科学省の「日本食品標準成分表2015年版(七訂)をベースに独自の計算値で栄養素の摂取量を算出しております。