豆乳たこ焼きやで!

156 kcal(1人分)|日本|40分以下

豆乳たこ焼きやで!

movie

たこ焼きの生地に豆乳を入れることでまろやかな味わいに。その上、豆乳に豊富に含まれるビタミンB群は肌荒れや吹き出物を防ぎ、ビタミンEは毛細血管の血行を良くするなどの効果が期待できます。また、大豆イソフラボンには肌の老化防止やトラブル解消(しみ、しわ、くすみなど)、肌のはりやつやを出すなどの効果も期待できますので、美肌への応援食材として取り入れてみてはいかがでしょう。

材料(5人分)

A小麦粉 80 g
Aベーキングパウダー 小さじ 3/4
砂糖 大さじ 1/2
小さじ 1/6弱
和風粉末だし 1.50 g
B豆乳(無調整豆乳) 350 g
B 1/2 カップ
1 個
青ねぎ 20 g
紅しょうが(みじん切り) 10 g
適宜
ゆでたこ 50 g
キャベツ 30 g
桜えび 5 g
お好みソース 大さじ 2・1/2
かつお節 5 g

分量は骨や皮を除いた実際に口に入る分量で記載しています。完成後はカロリー管理のため、1人分に分けて召し上がってください。
※計量の単位は、大さじ1=15mL、小さじ1=5mL、1カップ=200mLです。

作り方

  1. 豆乳たこ焼きやで!再生
    1

    たこは1cm角くらいに切る。キャベツはみじん切りに、青ねぎは小口切りにする。ボウルにAをふるい入れ、砂糖、塩、和風粉末だしを加えて混ぜ合わせる。

  2. 豆乳たこ焼きやで!再生
    2

    Bを混ぜ合わせ、ふるった粉に少しずつ加えながら、泡立て器でダマにならないようにかき混ぜる。溶き卵、青ねぎ、紅しょうがを加えて混ぜ合わせる。

  3. 豆乳たこ焼きやで!再生
    3

    たこ焼き器にサラダ油をひき、2をその都度よくかき混ぜてから流し入れる。1のたこを1個ずつ穴に入れ、キャベツ、桜えびを散らす。

  4. 豆乳たこ焼きやで!再生
    4

    生地の縁の色が変わってきたら、たこ焼きを回しながらひっくり返す。まんべんなく回転させながら焼き、こんがりときつね色になったら器に盛りつけ、ソースをぬり、かつお節を振る。

栄養価

エネルギー量 156 kcal
炭水化物 18.8 g
カルシウム 68 mg
食塩相当量 1.08 g
ビタミンE 1 mg
ビタミンB6 0.09 mg
コレステロール 66 mg
亜鉛 0.5 mg
葉酸 36 µg
たんぱく質 9.1 g
食物繊維 0.7 g
マグネシウム 32 mg
ビタミンA 21 µg
ビタミンB1 0.06 mg
ビタミンB12 0.4 µg
ナトリウム 426 mg
0.17 mg
脂質 4.3 g
カリウム 254 mg
1.3 mg
ビタミンD 0.3 µg
ビタミンB2 0.06 mg
ビタミンC 3 mg
リン 120 mg
ナイアシン 1.3 mg

レシピ番号:01184

レシピ監修

本サイトのレシピは管理栄養士の監修のもと制作しています。
eヘルシーレシピ管理栄養士は女子栄養大学及び女子栄養大学クリニック所属管理栄養士などの管理栄養士で構成されています。
本サイトでは厚生労働省の「日本人の食事摂取基準(2015年版)」と
文部科学省の「日本食品標準成分表2015年版(七訂)をベースに独自の計算値で栄養素の摂取量を算出しております。