鯛のうまみ酢かけ

154 kcal(1人分)|日本|30分以下

鯛のうまみ酢かけ

movie

お酢に青唐辛子を漬け込んだうまみ酢が、ノーマルな焼き魚の味のアクセントに。鯛は脂質が少なく淡白なわりに旨味のある魚で、グルタミン酸をはじめとするアミノ酸がバランスよく含まれています。成分としては、炭水化物の代謝を助けてエネルギーにするビタミンB1が多く含まれています。このビタミンB1が不足すると疲労感や食欲不振が起き、イライラして集中力もなくなってきます。このほか血中コレステロールを抑え、肝臓の働きにもよいタウリンや、脳神経の働きと血行をよくするナイアシン、余分なナトリウムを体外に運ぶカリウムなども多く含んでいます。

材料(2人分)

たい(1切れ70g) 2 切れ
小さじ 1/6強
きゅうり 60 g
大根 60 g
ごま油 小さじ 1/2
A 0.20 g
A昆布茶 0.20 g
B青唐辛子 2 本
B米酢 大さじ 2

分量は骨や皮を除いた実際に口に入る分量で記載しています。完成後はカロリー管理のため、1人分に分けて召し上がってください。
※計量の単位は、大さじ1=15mL、小さじ1=5mL、1カップ=200mLです。

作り方

  1. 鯛のうまみ酢かけ再生
    1

    青唐辛子はヘタを取って小口切りにし、米酢につけて青唐酢を作る。

  2. 鯛のうまみ酢かけ再生
    2

    きゅうりと大根は3~4cm長さの細切りにする。たいは両面に塩を振り、約5分おく。

  3. 鯛のうまみ酢かけ再生
    3

    フッ素樹脂加工のフライパンにごま油を熱し、きゅうりと大根を入れて強火で炒める。Aを振り入れて混ぜ、取り出す。

  4. 鯛のうまみ酢かけ再生
    4

    たいの水けを取り、同じフライパンにたいの皮側を下にして並べ入れ、強めの中火で焼く。身側の縁が白っぽくなったら裏返し、両面を焼く。器に3を敷いてたいをのせ、1を好みの量かける。

栄養価

エネルギー量 154 kcal
炭水化物 4.1 g
カルシウム 24 mg
食塩相当量 0.85 g
ビタミンE 2.3 mg
ビタミンB6 0.37 mg
コレステロール 48 mg
亜鉛 0.5 mg
葉酸 23 µg
たんぱく質 15.2 g
食物繊維 1.2 g
マグネシウム 33 mg
ビタミンA 48 µg
ビタミンB1 0.25 mg
ビタミンB12 1.1 µg
ナトリウム 335 mg
0.06 mg
脂質 7.8 g
カリウム 486 mg
0.4 mg
ビタミンD 4.9 µg
ビタミンB2 0.09 mg
ビタミンC 15 mg
リン 190 mg
ナイアシン 4.3 mg

レシピ番号:01301

レシピ監修

本サイトのレシピは管理栄養士の監修のもと制作しています。
eヘルシーレシピ管理栄養士は女子栄養大学及び女子栄養大学クリニック所属管理栄養士などの管理栄養士で構成されています。
本サイトでは厚生労働省の「日本人の食事摂取基準(2015年版)」と
文部科学省の「日本食品標準成分表2015年版(七訂)をベースに独自の計算値で栄養素の摂取量を算出しております。