あゆの塩焼き

77 kcal(1人分)|日本|40分以下

あゆの塩焼き

movie

清流にすむあゆは、脂の乗る7~8月が旬。カルシウムやビタミンB群を豊富に含む、栄養価の高い魚です。あゆは「塩焼きに始まり、塩焼きに終わる」と言われます。できれば天然物を求め、内臓は抜かずに、独特の香りと苦味を楽しみます。踊り串を打って塩焼きにし、たで酢も添えて味わいましょう。魚は遠火の強火の火加減で焼くと、きれいに仕上がります。

材料(2人分)

あゆ(1尾100g) 2 尾
小さじ 1/6
塩(化粧塩) 適宜
Aたで(葉) 6 枚
A 大さじ 1強
A 0.40 g
Aだし汁 大さじ 1・1/3

分量は骨や皮を除いた実際に口に入る分量で記載しています。完成後はカロリー管理のため、1人分に分けて召し上がってください。
※計量の単位は、大さじ1=15mL、小さじ1=5mL、1カップ=200mLです。

作り方

  1. あゆの塩焼き再生
    1

    あゆは水洗いしてフンを絞り出し、水けを取る。あゆの腹側を手前にして頭を右に持ち、口から串を入れ、胸びれの後ろに串を出す。尾を上に曲げて2cm先に串を入れ、串を下に出さずに尾を下に曲げて縫うようにして、尻びれの少し上に串を出す。

  2. あゆの塩焼き再生
    2

    ひれに化粧塩をつけて全体に塩を振り、オーブンシートを敷いた天板に並べ、220℃のオーブンで約15分焼く(途中、ひれが焦げそうな場合はアルミホイルをかぶせる)。

  3. あゆの塩焼き再生
    3

    すり鉢でAのたでの葉をすりつぶして酢、だし汁、塩を加え、さらにすり混ぜてのばし、こしてたで酢を作る。2の串を抜いて器に盛りつけ、たで酢を添える。

栄養価

エネルギー量 77 kcal
炭水化物 0.4 g
カルシウム 125 mg
食塩相当量 0.58 g
ビタミンE 2.6 mg
ビタミンB6 0.14 mg
コレステロール 55 mg
亜鉛 0.5 mg
葉酸 14 µg
たんぱく質 8.9 g
食物繊維 0 g
マグネシウム 12 mg
ビタミンA 28 µg
ビタミンB1 0.08 mg
ビタミンB12 1.3 µg
ナトリウム 229 mg
0.03 mg
脂質 4 g
カリウム 183 mg
0.4 mg
ビタミンD 4 µg
ビタミンB2 0.07 mg
ビタミンC 1 mg
リン 161 mg
ナイアシン 1.8 mg

レシピ番号:01398

レシピ監修

本サイトのレシピは管理栄養士の監修のもと制作しています。
eヘルシーレシピ管理栄養士は女子栄養大学及び女子栄養大学クリニック所属管理栄養士などの管理栄養士で構成されています。
本サイトでは厚生労働省の「日本人の食事摂取基準(2015年版)」と
文部科学省の「日本食品標準成分表2015年版(七訂)をベースに独自の計算値で栄養素の摂取量を算出しております。