あなごの柳川風

205 kcal(1人分)|日本|30分以下

あなごの柳川風

movie

脂ののった旬のアナゴ、ごぼう、玉ねぎを調味液で煮て、卵でとじて柳川風に仕上げました。アナゴはウナギによく似た体型ですが、脂質量はウナギの約半分です。脂肪酸構成では、動脈硬化、高血圧、心疾患、肥満など生活習慣病を予防・改善する効果が期待できる不飽和脂肪酸(EPA、DHAやオレイン酸など)を多く含みます。中でもオレイン酸を多く含むので、胃酸の分泌を調整して胃潰瘍や胃酸過多の予防や、腸の運動を促す効果が期待できます。ウナギより後口がさっぱりしており、食欲低下気味の方でも食べやすい魚ですので、ぜひ一度お作りください。

材料(2人分)

あなご白焼き 80 g
玉ねぎ 60 g
ごぼう 80 g
三つ葉 6 g
2 個
Aだし汁 1/2 カップ
A 小さじ 1/6
A醤油 小さじ 1・1/3
Aみりん 小さじ 1・1/3
粉山椒 少々

分量は骨や皮を除いた実際に口に入る分量で記載しています。完成後はカロリー管理のため、1人分に分けて召し上がってください。
※計量の単位は、大さじ1=15mL、小さじ1=5mL、1カップ=200mLです。

作り方

  1. あなごの柳川風再生
    1

    あなごはひと口大に切り、玉ねぎは薄切りにする。

  2. あなごの柳川風再生
    2

    三つ葉は2cm長さに切り、ごぼうはささがきにして水にさらし、ザルに上げて水けをきる。

  3. あなごの柳川風再生
    3

    鍋にAのだし汁を沸かし、塩、醤油、みりんを加えて味をととのえ、玉ねぎ、ごぼうを入れて煮る。十分に煮えたら、あなごを加えて火を通す。

  4. あなごの柳川風再生
    4

    ボウルに卵を割りほぐし、鍋に回し入れて、卵が半熟状になったら三つ葉を散らして火を止める。器に盛りつけ、粉山椒を振る。

ワンポイントアドバイス
あなごは味が淡白なので色々な料理に利用できます。

栄養価

エネルギー量 205 kcal
炭水化物 11.4 g
カルシウム 80 mg
食塩相当量 1.44 g
ビタミンE 2 mg
ビタミンB6 0.19 mg
コレステロール 282 mg
亜鉛 1.4 mg
葉酸 64 µg
たんぱく質 14.7 g
食物繊維 2.9 g
マグネシウム 47 mg
ビタミンA 439 µg
ビタミンB1 0.09 mg
ビタミンB12 1.7 µg
ナトリウム 566 mg
0.16 mg
脂質 10.3 g
カリウム 414 mg
1.8 mg
ビタミンD 1.7 µg
ビタミンB2 0.3 mg
ビタミンC 3 mg
リン 211 mg
ナイアシン 2 mg

レシピ番号:01504

レシピ監修

本サイトのレシピは管理栄養士の監修のもと制作しています。
eヘルシーレシピ管理栄養士は女子栄養大学及び女子栄養大学クリニック所属管理栄養士などの管理栄養士で構成されています。
本サイトでは厚生労働省の「日本人の食事摂取基準(2015年版)」と
文部科学省の「日本食品標準成分表2015年版(七訂)をベースに独自の計算値で栄養素の摂取量を算出しております。