いかのしょうが煮

70 kcal(1人分)|日本|30分以下

いかのしょうが煮

movie

いかは、高タンパク、低脂肪。滋養や目の疲れにもいいといわれているタウリンも豊富です。生姜はいかの臭みをとり、体をあたためます。いかを加える際は、煮汁は必ず煮立ってから。そのほうが生臭くなりません。煮込み時間は約5分、それ以上はいかが硬くなってしまいますので気を付けてください。

材料(5人分)

いか(するめいか生400g) 1 杯
しょうが 10 g
A 1/4 カップ
A醤油 小さじ 3・1/3
Aみりん 小さじ 1・2/3
A 1 カップ

分量は骨や皮を除いた実際に口に入る分量で記載しています。完成後はカロリー管理のため、1人分に分けて召し上がってください。
※計量の単位は、大さじ1=15mL、小さじ1=5mL、1カップ=200mLです。

作り方

  1. いかのしょうが煮再生
    1

    いかは足とわたをはずし、骨を抜き取る。足は目とわたを切り落とし、くちばしと吸盤を取る。水で洗って水けを取り、胴は1cm幅の筒切りにし、足は適当な長さに切る。

  2. いかのしょうが煮再生
    2

    しょうがはせん切りにする。鍋にAを入れて火にかける。煮立ったら、1としょうがを入れて、味がなじむまで強火で5分ほど煮、器に盛りつける。

栄養価

エネルギー量 70 kcal
炭水化物 2 g
カルシウム 8 mg
食塩相当量 0.90 g
ビタミンE 1.3 mg
ビタミンB6 0.14 mg
コレステロール 150 mg
亜鉛 0.9 mg
葉酸 4 µg
たんぱく質 11 g
食物繊維 0 g
マグネシウム 32 mg
ビタミンA 8 µg
ビタミンB1 0.04 mg
ビタミンB12 2.9 µg
ナトリウム 355 mg
0.17 mg
脂質 0.5 g
カリウム 201 mg
0.2 mg
ビタミンD 0.2 µg
ビタミンB2 0.04 mg
ビタミンC 1 mg
リン 158 mg
ナイアシン 2.5 mg

レシピ番号:01543

レシピ監修

本サイトのレシピは管理栄養士の監修のもと制作しています。
eヘルシーレシピ管理栄養士は女子栄養大学及び女子栄養大学クリニック所属管理栄養士などの管理栄養士で構成されています。
本サイトでは厚生労働省の「日本人の食事摂取基準(2015年版)」と
文部科学省の「日本食品標準成分表2015年版(七訂)をベースに独自の計算値で栄養素の摂取量を算出しております。