鯛のおろし蒸し

149 kcal(1人分)|日本|20分以下

鯛のおろし蒸し

movie

鯛は、白身魚の中でも旨味があっておいしい魚ですが、これはグルタミン酸などバランスのよいアミノ酸を豊富に含むためです。このほか、体内のナトリウムバランスを適正に保つカリウム、糖質の代謝を促すビタミンB1も豊富です。さらに青魚に多く含まれるDHAやIPAも多く含むので、青魚の苦手な方にもおすすめです。蒸し物といえば、手間がかかるイメージですが、作り方はいたって簡単。短時間でできるヘルシーメニューです。

材料(2人分)

たい(1切れ70g) 2 切れ
大根おろし 80 g
生椎茸 40 g
青ねぎ 10 g
Aぽん酢醤油 大さじ 1強
Aごま油 小さじ 1/2

分量は骨や皮を除いた実際に口に入る分量で記載しています。完成後はカロリー管理のため、1人分に分けて召し上がってください。
※計量の単位は、大さじ1=15mL、小さじ1=5mL、1カップ=200mLです。

作り方

  1. 鯛のおろし蒸し再生
    1

    椎茸は軸を落として薄切りにする。青ねぎは小口切りにする。Aを合わせ、たれを作る。

  2. 鯛のおろし蒸し再生
    2

    器に椎茸を敷き、たい、大根おろしをのせ、蒸気の上がった蒸し器で12分ほど蒸す。蒸し上がったら青ねぎを散らし、たれを添える。

栄養価

エネルギー量 149 kcal
炭水化物 3.8 g
カルシウム 24 mg
食塩相当量 0.58 g
ビタミンE 1.7 mg
ビタミンB6 0.35 mg
コレステロール 48 mg
亜鉛 0.7 mg
葉酸 32 µg
たんぱく質 15.8 g
食物繊維 1.6 g
マグネシウム 33 mg
ビタミンA 14 µg
ビタミンB1 0.27 mg
ビタミンB12 1.1 µg
ナトリウム 228 mg
0.04 mg
脂質 7.7 g
カリウム 498 mg
0.4 mg
ビタミンD 5 µg
ビタミンB2 0.11 mg
ビタミンC 10 mg
リン 200 mg
ナイアシン 4.7 mg

レシピ番号:01708

レシピ監修

本サイトのレシピは管理栄養士の監修のもと制作しています。
eヘルシーレシピ管理栄養士は女子栄養大学及び女子栄養大学クリニック所属管理栄養士などの管理栄養士で構成されています。
本サイトでは厚生労働省の「日本人の食事摂取基準(2015年版)」と
文部科学省の「日本食品標準成分表2015年版(七訂)をベースに独自の計算値で栄養素の摂取量を算出しております。