春の天ぷら盛り合わせ

304 kcal(1人分)|日本|40分以下

春の天ぷら盛り合わせ

movie

きす、たけのこ、たらの芽、生椎茸を盛り合わせた、春ならではの天ぷら。たらの芽は山菜の王様とも言われ、天ぷらで食べるのが人気です。栽培物が出回っていますが、できれば野生のものを味わっていただきたいもの。アクやクセの強い山菜を手軽に楽しむには、天ぷらが手軽にできておすすめです。

材料(2人分)

きす(1尾30g) 4 尾
ゆでたけのこ(新物) 40 g
たらの芽 4 個
生椎茸 2 枚
小麦粉(下粉用) 適宜
A小麦粉 100 g
A卵(溶き卵) 1 個
A水(冷水) 1 カップ
揚げ油 適宜
Bだし汁 大さじ 2・2/3
B醤油 小さじ 2
Bみりん(煮切ったもの) 小さじ 2
大根(すりおろし) 30 g
しょうが(すりおろし) 小さじ 1/2弱

分量は骨や皮を除いた実際に口に入る分量で記載しています。完成後はカロリー管理のため、1人分に分けて召し上がってください。
※計量の単位は、大さじ1=15mL、小さじ1=5mL、1カップ=200mLです。

作り方

  1. 春の天ぷら盛り合わせ再生
    1

    きすはウロコを取り、頭を落として内臓を取り除く。水で洗って水けをふき取り、腹開きにして中骨と身を切り離し、腹骨をすき取る。

  2. 春の天ぷら盛り合わせ再生
    2

    たけのこは食べやすい大きさに切る。たらの芽は根元のかたい部分を切り落とし、茶色い部分を包丁でむいて、はかまを取り除く。生椎茸は軸を落とす。

  3. 春の天ぷら盛り合わせ再生
    3

    Aの卵に冷水を混ぜ、小麦粉を加えてサックリと混ぜ合わせ、天ぷら衣を作る。2にそれぞれ小麦粉を薄くまぶし、天ぷら衣をつけて160~165℃の揚げ油で揚げる。1も小麦粉をまぶして衣をつけ、170℃の油で揚げる。

  4. 春の天ぷら盛り合わせ再生
    4

    鍋にBを合わせて火にかけ、ひと煮立ちさせて天つゆを作る。器に3を盛り合わせ、軽く水けを絞った大根おろし、おろししょうがを盛り、天つゆを添える。

栄養価

エネルギー量 304 kcal
炭水化物 16.2 g
カルシウム 24 mg
食塩相当量 0.69 g
ビタミンE 4.8 mg
ビタミンB6 0.16 mg
コレステロール 47 mg
亜鉛 0.7 mg
葉酸 61 µg
たんぱく質 9.6 g
食物繊維 2.5 g
マグネシウム 28 mg
ビタミンA 18 µg
ビタミンB1 0.09 mg
ビタミンB12 0.7 µg
ナトリウム 273 mg
0.13 mg
脂質 21.6 g
カリウム 401 mg
0.6 mg
ビタミンD 0.3 µg
ビタミンB2 0.12 mg
ビタミンC 5 mg
リン 127 mg
ナイアシン 2 mg

レシピ番号:01957

レシピ監修

本サイトのレシピは管理栄養士の監修のもと制作しています。
eヘルシーレシピ管理栄養士は女子栄養大学及び女子栄養大学クリニック所属管理栄養士などの管理栄養士で構成されています。
本サイトでは厚生労働省の「日本人の食事摂取基準(2015年版)」と
文部科学省の「日本食品標準成分表2015年版(七訂)をベースに独自の計算値で栄養素の摂取量を算出しております。