ささ身の若草焼き

140 kcal(1人分)|日本|30分以下

ささ身の若草焼き

movie

木の芽の入った卵液を、ささ身にたっぷりまぶして焼いた若草焼き。ささ身は鶏肉の中でも一番脂肪が少なく、味が淡白でやわらかい部位です。木の芽は、山椒の若い葉のことですが、すがすがしい香りとほろ苦さが、春の訪れを告げる素材。くせのないささ身との相性も抜群です。また、ささ身以外の素材でもおいしくいただけます。いろいろなアレンジで、春の味を楽しんでみてはいかがでしょうか。

材料(2人分)

鶏ささ身 120 g
小さじ 1弱
小さじ 1/5
こしょう 少々
小麦粉 適宜
1 個
小さじ 1
木の芽 適宜
生椎茸 2 枚
醤油 小さじ 1/3
レモン 1/4 個

分量は骨や皮を除いた実際に口に入る分量で記載しています。完成後はカロリー管理のため、1人分に分けて召し上がってください。
※計量の単位は、大さじ1=15mL、小さじ1=5mL、1カップ=200mLです。

作り方

  1. ささ身の若草焼き再生
    1

    鶏ささ身は筋を取り除き、塩、こしょう、酒を振って10分くらいおき、下味をつける。卵は溶きほぐしておく。

  2. ささ身の若草焼き再生
    2

    木の芽は軸を取ってみじん切りにし、椎茸は軸を取って半分に切っておく。鶏ささ身は水けを取って小麦粉、溶き卵の順に衣をつけ、残りの溶き卵に木の芽を混ぜておく。

  3. ささ身の若草焼き再生
    3

    フライパンにサラダ油を熱し、鶏ささ身を入れて火が通るまで両面を焼き、木の芽を混ぜた溶き卵をつけて、再び両面をサッと焼く。椎茸もフライパンで焼き、醤油で味付けをする。

  4. ささ身の若草焼き再生
    4

    焼き上がった鶏ささ身をひと口大に切る。器に敷き葉をのせ、鶏ささ身と椎茸を盛りつけ、くし形に切ったレモンを添える。

栄養価

エネルギー量 140 kcal
炭水化物 4.3 g
カルシウム 16 mg
食塩相当量 0.88 g
ビタミンE 0.8 mg
ビタミンB6 0.4 mg
コレステロール 145 mg
亜鉛 0.8 mg
葉酸 22 µg
たんぱく質 17.6 g
食物繊維 0.5 g
マグネシウム 25 mg
ビタミンA 41 µg
ビタミンB1 0.08 mg
ビタミンB12 0.3 µg
ナトリウム 346 mg
0.05 mg
脂質 5.2 g
カリウム 327 mg
0.6 mg
ビタミンD 0.5 µg
ビタミンB2 0.2 mg
ビタミンC 4 mg
リン 190 mg
ナイアシン 7.4 mg

レシピ番号:03308

レシピ監修

本サイトのレシピは管理栄養士の監修のもと制作しています。
eヘルシーレシピ管理栄養士は女子栄養大学及び女子栄養大学クリニック所属管理栄養士などの管理栄養士で構成されています。
本サイトでは厚生労働省の「日本人の食事摂取基準(2015年版)」と
文部科学省の「日本食品標準成分表2015年版(七訂)をベースに独自の計算値で栄養素の摂取量を算出しております。