なめらか豚の治部煮風

153 kcal(1人分)|日本|40分以下

なめらか豚の治部煮風

movie

治部煮は石川県の郷土料理です。鴨などの鳥肉に片栗粉をまぶして煮て、うま味を閉じ込めながら、煮汁にとろみをつけて冷めにくくするという、北国ならではの工夫がされています。このメニューでは豚ヒレ肉を使い、旬のかぶとさつま芋を取り合わせました。ヒレ肉はやわらかく消化が良いので、高齢の方やお子さんにも食べやすい部位です。ビタミンB1が豊富な豚肉の中でも含有量が最も多く、バラ肉の約2倍。さつま芋とかぶはビタミンCが豊富ですから、秋から冬へと季節が移る時期の体調維持のためにもおすすめしたい一品です。

材料(2人分)

豚ヒレ肉 100 g
片栗粉 適宜
かぶ 100 g
さつま芋 60 g
かぶの葉 40 g
Aだし汁 280 ml
A淡口醤油 小さじ 2・2/3
A 小さじ 1/6弱
A 小さじ 2
Aみりん 大さじ 1・1/3

分量は骨や皮を除いた実際に口に入る分量で記載しています。完成後はカロリー管理のため、1人分に分けて召し上がってください。
※計量の単位は、大さじ1=15mL、小さじ1=5mL、1カップ=200mLです。

作り方

  1. なめらか豚の治部煮風再生
    1

    豚肉は1cm幅に切り、格子状の切りめを入れ、クッキングペーパーで水けを取って片栗粉をまぶす。さつま芋は皮つきのまま輪切りにする。(1人2枚づけ)かぶは縦半分に切って格子状に切りめを深く入れ、食べやすい大きさに切る。

  2. なめらか豚の治部煮風再生
    2

    かぶとさつま芋は下ゆでする。かぶの葉は熱湯でゆでて冷水にとり、水けを絞って2cm長さに切る。鍋にAを合わせて煮立て、かぶとさつま芋を入れて煮る。やわらかくなったら、いったん取り出し、豚肉を入れる。

  3. なめらか豚の治部煮風再生
    3

    アクを取りながら豚肉を煮、かぶとさつま芋を戻し入れて2~3分煮る。器に盛りつけ、かぶの葉をのせ、煮汁をかける。

栄養価

エネルギー量 153 kcal
炭水化物 19.5 g
カルシウム 78 mg
食塩相当量 1 g
ビタミンE 1.3 mg
ビタミンB6 0.44 mg
コレステロール 30 mg
亜鉛 1.4 mg
葉酸 65 µg
たんぱく質 12.7 g
食物繊維 2 g
マグネシウム 35 mg
ビタミンA 49 µg
ビタミンB1 0.74 mg
ビタミンB12 0.5 µg
ナトリウム 393 mg
0.13 mg
脂質 2.1 g
カリウム 608 mg
1.2 mg
ビタミンD 0.2 µg
ビタミンB2 0.2 mg
ビタミンC 35 mg
リン 166 mg
ナイアシン 4.8 mg

レシピ番号:03420

レシピ監修

本サイトのレシピは管理栄養士の監修のもと制作しています。
eヘルシーレシピ管理栄養士は女子栄養大学及び女子栄養大学クリニック所属管理栄養士などの管理栄養士で構成されています。
本サイトでは厚生労働省の「日本人の食事摂取基準(2015年版)」と
文部科学省の「日本食品標準成分表2015年版(七訂)をベースに独自の計算値で栄養素の摂取量を算出しております。