鶏肉の酢蒸し

135 kcal(1人分)|日本|30分以下

鶏肉の酢蒸し

movie

夏バテ解消には酢を使ったお料理がいちばん。さわやかな酢の香りは食欲をそそるだけでなく、酢のクエン酸が疲れた体をシャンとさせてくれます。酢蒸しといっても電子レンジで簡単に作れるお手軽メニュー。鶏肉はあらかじめ表面をサッと焼いて旨味を閉じ込めるのがおいしく仕上げるポイントです。また、鶏肉は皮膚や粘膜を健康に保つビタミンAを多く含むため、強い紫外線で荒れた肌の回復に効きます。

材料(2人分)

鶏もも肉,皮なし 160 g
白ねぎ 40 g
しし唐辛子 4 本
A 大さじ 4
A醤油 大さじ 1
A 大さじ 1/2
A砂糖 大さじ 1
Aしょうが汁 小さじ 4/5
A赤唐辛子(小口切り) 少々

分量は骨や皮を除いた実際に口に入る分量で記載しています。完成後はカロリー管理のため、1人分に分けて召し上がってください。
※計量の単位は、大さじ1=15mL、小さじ1=5mL、1カップ=200mLです。

電子レンジの加熱時間は、600Wで加熱した場合の目安です。ワット数が異なる電子レンジをお使いの場合、加熱時間は様子を見ながら加減してください。

作り方

  1. 鶏肉の酢蒸し再生
    1

    鶏肉はひと口大のそぎ切りにする。白ねぎは3cm長さに切る。しし唐辛子はヘタを落として切りこみを入れる。

  2. 鶏肉の酢蒸し再生
    2

    耐熱性のボウルにAを入れて混ぜ、合わせ酢を作る。

  3. 鶏肉の酢蒸し再生
    3

    フッ素樹脂加工のフライパンで鶏肉の表面をサッと焼く。2の合わせ酢に漬けこみ、ラップをかけて電子レンジで約1分30秒加熱し、ラップをはずしてそのまま冷ます(加熱時間は2人分での目安)。

  4. 鶏肉の酢蒸し再生
    4

    白ねぎは焼き網で焼き、3に漬けこんで5~10分おき、味をなじませる。しし唐辛子は焼き網でサッと焼く。器に鶏肉、白ねぎ、しし唐辛子を盛り、合わせ酢をかける。

栄養価

エネルギー量 135 kcal
炭水化物 6.3 g
カルシウム 14 mg
食塩相当量 1.01 g
ビタミンE 0.6 mg
ビタミンB6 0.3 mg
コレステロール 70 mg
亜鉛 1.6 mg
葉酸 26 µg
たんぱく質 16.1 g
食物繊維 0.7 g
マグネシウム 27 mg
ビタミンA 17 µg
ビタミンB1 0.11 mg
ビタミンB12 0.2 µg
ナトリウム 398 mg
0.05 mg
脂質 4 g
カリウム 343 mg
0.7 mg
ビタミンD 0.2 µg
ビタミンB2 0.17 mg
ビタミンC 8 mg
リン 169 mg
ナイアシン 4.7 mg

レシピ番号:03603

レシピ監修

本サイトのレシピは管理栄養士の監修のもと制作しています。
eヘルシーレシピ管理栄養士は女子栄養大学及び女子栄養大学クリニック所属管理栄養士などの管理栄養士で構成されています。
本サイトでは厚生労働省の「日本人の食事摂取基準(2015年版)」と
文部科学省の「日本食品標準成分表2015年版(七訂)をベースに独自の計算値で栄養素の摂取量を算出しております。