牛肉のしょうが炒め

105 kcal(1人分)|日本|30分以下

牛肉のしょうが炒め

movie

脂身のない牛もも肉を使い、青じそを加えて仕上げたさわやかな香りのしょうが焼き。牛肉は肉類の中では鉄分が多く含まれているため、貧血ぎみの方は豚肉よりもこちらがおすすめ。また、青じその香り成分は食欲を増進させるほか、強い殺菌作用があるため、梅雨時の食中毒予防に効果的です。添え野菜の人参、大根、セロリは口直しになるばかりでなく、ビタミン補給にしっかり貢献。サッと手早くできるのもうれしい一品です。

材料(2人分)

牛もも肉,赤身(薄切り) 120 g
青じそ 4 枚
人参 20 g
セロリ 16 g
大根 40 g
A 小さじ 2
A醤油 小さじ 2
Aしょうが汁 小さじ 2・1/2

分量は骨や皮を除いた実際に口に入る分量で記載しています。完成後はカロリー管理のため、1人分に分けて召し上がってください。
※計量の単位は、大さじ1=15mL、小さじ1=5mL、1カップ=200mLです。

作り方

  1. 牛肉のしょうが炒め再生
    1

    青じそはザク切りにして、冷水にさらす。人参、筋を取ったセロリ、大根は細切りにして冷水にさらす。牛肉は食べやすい大きさに切り、Aをかけ、5~6分漬けてから汁けをとる。

  2. 牛肉のしょうが炒め再生
    2

    フッ素樹脂加工のフライパンに、牛肉を1枚ずつ広げてサッと焼く。火が通ったら、残った漬け汁を加えてからめ、青じそを散らして軽く混ぜる。皿に水けをきった野菜と、牛肉を盛りつける。

栄養価

エネルギー量 105 kcal
炭水化物 3.7 g
カルシウム 21 mg
食塩相当量 0.97 g
ビタミンE 0.4 mg
ビタミンB6 0.26 mg
コレステロール 39 mg
亜鉛 3.2 mg
葉酸 21 µg
たんぱく質 14 g
食物繊維 0.7 g
マグネシウム 25 mg
ビタミンA 88 µg
ビタミンB1 0.06 mg
ビタミンB12 0.8 µg
ナトリウム 382 mg
0.06 mg
脂質 2.9 g
カリウム 371 mg
1.7 mg
ビタミンD 0 µg
ビタミンB2 0.16 mg
ビタミンC 6 mg
リン 142 mg
ナイアシン 3.4 mg

レシピ番号:03703

レシピ監修

本サイトのレシピは管理栄養士の監修のもと制作しています。
eヘルシーレシピ管理栄養士は女子栄養大学及び女子栄養大学クリニック所属管理栄養士などの管理栄養士で構成されています。
本サイトでは厚生労働省の「日本人の食事摂取基準(2015年版)」と
文部科学省の「日本食品標準成分表2015年版(七訂)をベースに独自の計算値で栄養素の摂取量を算出しております。