ゆで豚の山椒だれ

152 kcal(1人分)|日本|30分以下

ゆで豚の山椒だれ

movie

豚肉には、疲労回復のビタミンと言われるB1が豊富。夏バテ気味で食欲のない時は、豚肉で、口当たりのいい冷たいお料理を作りましょう。消化が良く植物性タンパク質がたっぷりの木綿豆腐と、旬を迎えておいしさも栄養もグンとアップしたきゅうりやトマトを添えて、ピリッとおいしい山椒だれでいただきます。

材料(2人分)

豚ロース肉,脂なし(薄切り) 100 g
しょうが,皮 適宜
適宜
木綿豆腐 80 g
きゅうり 50 g
ラディッシュ 1/2 個
A醤油 小さじ 1・2/3
A 小さじ 2
Aごま油 小さじ 1/4
A砂糖 小さじ 1/3
A湯(豚肉のゆで汁) 小さじ 2
A粉山椒 適宜
ミニトマト 2 個

分量は骨や皮を除いた実際に口に入る分量で記載しています。完成後はカロリー管理のため、1人分に分けて召し上がってください。
※計量の単位は、大さじ1=15mL、小さじ1=5mL、1カップ=200mLです。

作り方

  1. ゆで豚の山椒だれ再生
    1

    豚肉は5cm長さに切る。熱湯にしょうがの皮と酒を入れ、豚肉をゆでる。肉の色が変わったら、火を止めて豚肉を取り出し、ゆで汁は小さじ2杯分取っておく。

  2. ゆで豚の山椒だれ再生
    2

    豆腐は食べやすい大きさに切る。きゅうりは半分の長さに切り、スライサーで帯状に薄く切る。ラディッシュはせん切りにし、ミニトマトは輪切りにする。

  3. ゆで豚の山椒だれ再生
    3

    Aを混ぜ合わせ、山椒だれを作る。器にきゅうり、豚肉、豆腐、ミニトマトを彩りよく盛り、ラディッシュを散らし、山椒だれをかける。

栄養価

エネルギー量 152 kcal
炭水化物 4.2 g
カルシウム 50 mg
食塩相当量 0.85 g
ビタミンE 0.7 mg
ビタミンB6 0.24 mg
コレステロール 31 mg
亜鉛 1.2 mg
葉酸 20 µg
たんぱく質 14.1 g
食物繊維 0.7 g
マグネシウム 73 mg
ビタミンA 22 µg
ビタミンB1 0.43 mg
ビタミンB12 0.2 µg
ナトリウム 333 mg
0.13 mg
脂質 8.2 g
カリウム 351 mg
0.9 mg
ビタミンD 0.1 µg
ビタミンB2 0.12 mg
ビタミンC 10 mg
リン 167 mg
ナイアシン 4.3 mg

レシピ番号:03829

レシピ監修

本サイトのレシピは管理栄養士の監修のもと制作しています。
eヘルシーレシピ管理栄養士は女子栄養大学及び女子栄養大学クリニック所属管理栄養士などの管理栄養士で構成されています。
本サイトでは厚生労働省の「日本人の食事摂取基準(2015年版)」と
文部科学省の「日本食品標準成分表2015年版(七訂)をベースに独自の計算値で栄養素の摂取量を算出しております。