大豆と鶏肉の中国風炒め

203 kcal(1人分)|中・韓|30分以下

大豆と鶏肉の中国風炒め

movie

大豆に含まれるイソフラボンには、女性ホルモンと似たような働きがあり、骨粗鬆症の予防や、更年期の諸症状の予防・改善に役立ちます。さらに、良質のたんぱく質が、コレステロール値を低下させる働きがあると言われます。健康のためにも、大豆や大豆製品は毎日食べるようにしたいもの。このレシピは、手軽に使える茹で大豆に、鶏肉やピーマン、生椎茸を炒め合わせた目先の変わった一品です。ごま油とにんにくの香りが食欲をそそり、煮豆は苦手とおっしゃる方にもおいしく召し上がっていただけます。

材料(2人分)

ゆで大豆 120 g
鶏もも肉,皮なし 80 g
生椎茸 20 g
白ねぎ 30 g
ピーマン 20 g
赤ピーマン 20 g
にんにく(みじん切り) 小さじ 1/2
しょうが(みじん切り) 小さじ 1
ごま油 小さじ 1/2
大さじ 1・1/3
Aオイスターソース 大さじ 1
A醤油 小さじ 2/3
A 小さじ 1/2
A片栗粉 小さじ 1/4

分量は骨や皮を除いた実際に口に入る分量で記載しています。完成後はカロリー管理のため、1人分に分けて召し上がってください。
※計量の単位は、大さじ1=15mL、小さじ1=5mL、1カップ=200mLです。

作り方

  1. 大豆と鶏肉の中国風炒め再生
    1

    鶏肉はひと口大に切る。椎茸は軸を落とし、縦4つ割りにする。白ねぎは斜め切りにする。

  2. 大豆と鶏肉の中国風炒め再生
    2

    ピーマン、赤ピーマンはヘタと種を取り除き、ひし形に切る。ボウルにAを入れて混ぜ、合わせ調味料を作る。

  3. 大豆と鶏肉の中国風炒め再生
    3

    フライパンにごま油を熱し、しょうがとにんにくを入れて炒める。香りが立ったら鶏肉を加えて炒め、酒を加え、ふたをして1分ほど蒸し焼きにする。

  4. 大豆と鶏肉の中国風炒め再生
    4

    大豆、椎茸、白ねぎを加え、中火でゆっくり炒めてふたをし、さらにもう1分蒸し焼きにする。最後にピーマンを加えてサッと炒め、合わせ調味料を入れて仕上げる。

ワンポイントアドバイス
大豆に含まれるイソフラボンには、女性ホルモンと似たような働きがあり、骨粗鬆症の予防や更年期の諸症状を予防・改善するのに役立ちます。

栄養価

エネルギー量 203 kcal
炭水化物 11 g
カルシウム 59 mg
食塩相当量 1.39 g
ビタミンE 2.1 mg
ビタミンB6 0.3 mg
コレステロール 35 mg
亜鉛 2 mg
葉酸 57 µg
たんぱく質 18.2 g
食物繊維 5.3 g
マグネシウム 84 mg
ビタミンA 19 µg
ビタミンB1 0.18 mg
ビタミンB12 0.3 µg
ナトリウム 549 mg
0.21 mg
脂質 8.9 g
カリウム 585 mg
1.6 mg
ビタミンD 0.1 µg
ビタミンB2 0.18 mg
ビタミンC 28 mg
リン 225 mg
ナイアシン 3.1 mg

レシピ番号:05614

レシピ監修

本サイトのレシピは管理栄養士の監修のもと制作しています。
eヘルシーレシピ管理栄養士は女子栄養大学及び女子栄養大学クリニック所属管理栄養士などの管理栄養士で構成されています。
本サイトでは厚生労働省の「日本人の食事摂取基準(2015年版)」と
文部科学省の「日本食品標準成分表2015年版(七訂)をベースに独自の計算値で栄養素の摂取量を算出しております。