ぶり大根

173 kcal(1人分)|日本|50分以下

ぶり大根

movie

ぶりと大根を炊き合わせた、冬の定番おかず。電子レンジで大根を下茹ですれば、案外簡単に手早く作れます。脂が乗った寒のぶりには、コレステロール値を下げる効果のあるIPAやDHAが豊富。ぶりのうまみと栄養が溶け込んだ煮汁をタップリ含んで、柔らかく煮えた大根のおいしさは格別です。針しょうがをタップリ添えてすすめましょう。

材料(2人分)

大根 200 g
ぶり 100 g
A 1・1/2 カップ
A 大さじ 2
A砂糖 大さじ 1/2
Aみりん 小さじ 1/2
A醤油 大さじ 1・1/3
しょうが 4 g

分量は骨や皮を除いた実際に口に入る分量で記載しています。完成後はカロリー管理のため、1人分に分けて召し上がってください。
※計量の単位は、大さじ1=15mL、小さじ1=5mL、1カップ=200mLです。

電子レンジの加熱時間は、600Wで加熱した場合の目安です。ワット数が異なる電子レンジをお使いの場合、加熱時間は様子を見ながら加減してください。

作り方

  1. ぶり大根再生
    1

    大根は3cm厚さの半月切りにし、厚めに皮をむいて面取りをする。耐熱性のボウルに入れて少量の水をはり、ラップをかけて電子レンジで約2分加熱する(加熱時間は2人分の目安)。

  2. ぶり大根再生
    2

    しょうがはごく細いせん切りにし、水にさらして水けを取る。ぶりは食べやすい大きさに切り、熱湯をかける。

  3. ぶり大根再生
    3

    鍋にAを入れて火にかける。煮立ったら大根とぶりを入れてクッキングシートで落としぶたをし、大根に味がしみるまで30分ほど煮る。器に盛りつけて煮汁をかけ、しょうがをあしらう。

栄養価

エネルギー量 173 kcal
炭水化物 7.6 g
カルシウム 28 mg
食塩相当量 1.24 g
ビタミンE 1 mg
ビタミンB6 0.27 mg
コレステロール 36 mg
亜鉛 0.6 mg
葉酸 40 µg
たんぱく質 11.7 g
食物繊維 1.3 g
マグネシウム 29 mg
ビタミンA 25 µg
ビタミンB1 0.14 mg
ビタミンB12 1.9 µg
ナトリウム 490 mg
0.06 mg
脂質 8.9 g
カリウム 456 mg
1 mg
ビタミンD 4 µg
ビタミンB2 0.2 mg
ビタミンC 12 mg
リン 97 mg
ナイアシン 5.1 mg

レシピ番号:06121

レシピ監修

本サイトのレシピは管理栄養士の監修のもと制作しています。
eヘルシーレシピ管理栄養士は女子栄養大学及び女子栄養大学クリニック所属管理栄養士などの管理栄養士で構成されています。
本サイトでは厚生労働省の「日本人の食事摂取基準(2015年版)」と
文部科学省の「日本食品標準成分表2015年版(七訂)をベースに独自の計算値で栄養素の摂取量を算出しております。