ふきと人参のそぼろ煮

60 kcal(1人分)|日本|40分以下

ふきと人参のそぼろ煮

movie

ふき独特のほろ苦さと香りには、喉をすっきりさせる効果や消化を促す効果もあるとのこと。ふきは皮が固いので、板ずりして塩を染み込ませてからゆでると、皮がむきやすく、色よく仕上がります。アクが強く、指先が黒く染まることがあるので、外出の予定がある時などは、ナイロン手袋をはめて下ごしらえするといいでしょう。鶏ひき肉でコクをプラスして薄味に仕上げた、春らしい風味の一品です。そぼろをつくねに変えて、行楽のお弁当にしても楽しめます。その場合、味付けをやや濃いめにして、汁気をしっかり切ってから詰めてください。

材料(2人分)

ふき 100 g
人参 60 g
鶏ひき肉 30 g
しょうが汁 小さじ 1
Aだし汁 1/2 カップ
A 大さじ 1/2
A砂糖 小さじ 1・1/3
A淡口醤油 小さじ 2/3
A 0.60 g
木の芽 適宜

分量は骨や皮を除いた実際に口に入る分量で記載しています。完成後はカロリー管理のため、1人分に分けて召し上がってください。
※計量の単位は、大さじ1=15mL、小さじ1=5mL、1カップ=200mLです。

作り方

  1. ふきと人参のそぼろ煮再生
    1

    ふきは鍋に入るくらいの長さに切り、塩(分量外)を振って板ずりする。塩(分量外)を加えた熱湯に入れてゆで、冷水にとって皮をむき、4~5cm長さに切る。

  2. ふきと人参のそぼろ煮再生
    2

    人参は半月切りにし、下ゆでする。Aのだし汁に酒、砂糖、淡口醤油、塩を加えて煮立て、人参とふきを加えてサッと煮る。

  3. ふきと人参のそぼろ煮再生
    3

    人参とふきを取り出して、煮汁を半分くらいになるまで煮詰める。別の鍋に鶏ひき肉を入れ、煮詰めた煮汁少々を加えて火にかけ、炒りつける。

  4. ふきと人参のそぼろ煮再生
    4

    そぼろ状になったら残りの煮汁を入れ、ひと煮立ちしたらしょうが汁を加える。器に人参とふきを盛りつけてそぼろをかけ、木の芽を添える。

栄養価

エネルギー量 60 kcal
炭水化物 6.9 g
カルシウム 31 mg
食塩相当量 0.75 g
ビタミンE 0.4 mg
ビタミンB6 0.13 mg
コレステロール 12 mg
亜鉛 0.4 mg
葉酸 17 µg
たんぱく質 3.3 g
食物繊維 1.4 g
マグネシウム 14 mg
ビタミンA 215 µg
ビタミンB1 0.04 mg
ビタミンB12 0.2 µg
ナトリウム 296 mg
0.06 mg
脂質 1.8 g
カリウム 329 mg
0.3 mg
ビタミンD 0 µg
ビタミンB2 0.07 mg
ビタミンC 3 mg
リン 45 mg
ナイアシン 1.7 mg

レシピ番号:06409

レシピ監修

本サイトのレシピは管理栄養士の監修のもと制作しています。
eヘルシーレシピ管理栄養士は女子栄養大学及び女子栄養大学クリニック所属管理栄養士などの管理栄養士で構成されています。
本サイトでは厚生労働省の「日本人の食事摂取基準(2015年版)」と
文部科学省の「日本食品標準成分表2015年版(七訂)をベースに独自の計算値で栄養素の摂取量を算出しております。