たけのことふきの煮物

37 kcal(1人分)|日本|30分以下

たけのことふきの煮物

movie

たけのことふきを風味良く煮た、季節感あふれる一品です。たけのこは、ずんぐりとした釣鐘形で皮がみずみずしくつやがあり、うぶ毛が揃っていて湿った土がついているものが新鮮で良質です。新鮮なものほど柔らかくてエグ味も少なく、掘りたてのものは生でも食べられます。時間が経つとえぐみが増すので、新鮮なうちに下ゆでを済ませます。穂先は薄味の煮もの、姫皮は和えもの、酢のもの、椀種、中央部や根本は濃い味の含め煮や焼きもの、炊き込みご飯など、料理によって部位を使い分けると、一層美味しくいただけます。

材料(2人分)

ゆでたけのこ(新物) 100 g
生麩 10 g
Aだし汁 2 カップ
Aみりん 小さじ 2・1/3
A淡口醤油 小さじ 2/3
A 小さじ 1/4強
ふき 60 g
Bだし汁 1/2 カップ
Bみりん 小さじ 1・1/3
B淡口醤油 小さじ 1/3
B 小さじ 1/6弱

分量は骨や皮を除いた実際に口に入る分量で記載しています。完成後はカロリー管理のため、1人分に分けて召し上がってください。
※計量の単位は、大さじ1=15mL、小さじ1=5mL、1カップ=200mLです。

作り方

  1. たけのことふきの煮物再生
    1

    たけのこは、穂先を縦4等分に切り、根元は食べやすい大きさに切る。生麩は1人2枚ずつになるように切る。ふきは塩(分量外)を振って板ずりし、熱湯でゆでる。冷水に落として皮をむき、水けを取って4~5cm長さに切る。

  2. たけのことふきの煮物再生
    2

    鍋にA、たけのこ、生麩を入れて火にかけ、5分ほど煮る。火を止めてそのまま冷まし、味を含ませる。

  3. たけのことふきの煮物再生
    3

    別の鍋にBを入れて温め、ふきを入れてひと煮立ちさせ、火を止める。ボウルに移し、底を氷水に当てて冷ます。器にふき、2を盛りつける。

栄養価

エネルギー量 37 kcal
炭水化物 7.1 g
カルシウム 24 mg
食塩相当量 0.64 g
ビタミンE 0.7 mg
ビタミンB6 0.03 mg
コレステロール 0 mg
亜鉛 0.8 mg
葉酸 36 µg
たんぱく質 2.7 g
食物繊維 2.1 g
マグネシウム 11 mg
ビタミンA 2 µg
ビタミンB1 0.02 mg
ビタミンB12 0.2 µg
ナトリウム 253 mg
0.1 mg
脂質 0.1 g
カリウム 373 mg
0.3 mg
ビタミンD 0 µg
ビタミンB2 0.06 mg
ビタミンC 5 mg
リン 47 mg
ナイアシン 0.8 mg

レシピ番号:06479

レシピ監修

本サイトのレシピは管理栄養士の監修のもと制作しています。
eヘルシーレシピ管理栄養士は女子栄養大学及び女子栄養大学クリニック所属管理栄養士などの管理栄養士で構成されています。
本サイトでは厚生労働省の「日本人の食事摂取基準(2015年版)」と
文部科学省の「日本食品標準成分表2015年版(七訂)をベースに独自の計算値で栄養素の摂取量を算出しております。