小松菜のとろろかけ

17 kcal(1人分)|日本|20分以下

小松菜のとろろかけ

movie

小松菜をゆでてから氷水につけるのは、余熱による変色を防ぐため。なので、さらす必要はありません。アクが少ない野菜なので、さっとつけて温度が下がればOKです。また、皮をむいた長芋も、変色を防ぐために、酢水にさらしてからすりおろします。だし汁とトッピングのおかかの風味がとろろを引き立てますが、おかかの代わりにすり胡麻も合うので、ぜひお試しあれ!

材料(2人分)

小松菜 80 g
長芋 20 g
だし汁 小さじ 1
醤油 小さじ 1弱
かつお削り節 1 g

分量は骨や皮を除いた実際に口に入る分量で記載しています。完成後はカロリー管理のため、1人分に分けて召し上がってください。
※計量の単位は、大さじ1=15mL、小さじ1=5mL、1カップ=200mLです。

作り方

  1. 小松菜のとろろかけ再生
    1

    小松菜は塩ゆで(分量外)にし、氷水にとって水けを絞り、3cm長さに切る。長芋は皮をむいて酢水(分量外)にさらし、水けをきってすりおろす。

  2. 小松菜のとろろかけ再生
    2

    すりおろした長芋に、醤油、だし汁を加えて混ぜ合わせ、とろろを作る。器に小松菜を盛りつけ、とろろをかけ、かつお節を散らす。

栄養価

エネルギー量 17 kcal
炭水化物 2.7 g
カルシウム 71 mg
食塩相当量 0.39 g
ビタミンE 0.4 mg
ビタミンB6 0.06 mg
コレステロール 1 mg
亜鉛 0.1 mg
葉酸 46 µg
たんぱく質 1.4 g
食物繊維 0.9 g
マグネシウム 9 mg
ビタミンA 104 µg
ビタミンB1 0.05 mg
ビタミンB12 0.1 µg
ナトリウム 152 mg
0.03 mg
脂質 0.1 g
カリウム 259 mg
1.1 mg
ビタミンD 0 µg
ビタミンB2 0.05 mg
ビタミンC 17 mg
リン 28 mg
ナイアシン 0.6 mg

レシピ番号:06614

レシピ監修

本サイトのレシピは管理栄養士の監修のもと制作しています。
eヘルシーレシピ管理栄養士は女子栄養大学及び女子栄養大学クリニック所属管理栄養士などの管理栄養士で構成されています。
本サイトでは厚生労働省の「日本人の食事摂取基準(2015年版)」と
文部科学省の「日本食品標準成分表2015年版(七訂)をベースに独自の計算値で栄養素の摂取量を算出しております。