春菊とエリンギの辛子和え

20 kcal(1人分)|日本|20分以下

春菊とエリンギの辛子和え

movie

春に花を咲かせることからこの名がついたといわれる春菊は、1500年ごろから中国経由で日本に渡来した食材です。約10種類の成分から成っている独特の香りを持っており、自律神経に作用し、胃腸の働きをよくするとともに、痰をきり咳をしずめる効果もあると言われています。一方、独特の歯ざわりが人気のエリンギ。その食物繊維とナイアシンの含有量は、他のきのこを抜いてトップクラスです。ナイアシンは、体内に最も多く存在するビタミンで、体内での様々な代謝に関わっています。また、皮膚や粘膜の健康を保ち、アルコールの解毒にも働きます。

材料(2人分)

春菊 100 g
エリンギ 60 g
A醤油 小さじ 2/3
Aだし汁 小さじ 2
A練り辛子 1 g

分量は骨や皮を除いた実際に口に入る分量で記載しています。完成後はカロリー管理のため、1人分に分けて召し上がってください。
※計量の単位は、大さじ1=15mL、小さじ1=5mL、1カップ=200mLです。

作り方

  1. 春菊とエリンギの辛子和え再生
    1

    春菊は熱湯で色よくゆで、冷水にとって水けを絞り、4cm長さに切る。エリンギは3cm長さの短冊切りにし、熱湯でサッとゆでてザルに上げる。

  2. 春菊とエリンギの辛子和え再生
    2

    ボウルにAを入れて溶き混ぜ、春菊、エリンギを加えて和え、器に盛りつける。

栄養価

エネルギー量 20 kcal
炭水化物 4.2 g
カルシウム 61 mg
食塩相当量 0.43 g
ビタミンE 0.9 mg
ビタミンB6 0.11 mg
コレステロール 0 mg
亜鉛 0.3 mg
葉酸 116 µg
たんぱく質 2.2 g
食物繊維 2.6 g
マグネシウム 18 mg
ビタミンA 190 µg
ビタミンB1 0.08 mg
ビタミンB12 0 µg
ナトリウム 169 mg
0.08 mg
脂質 0.4 g
カリウム 344 mg
1 mg
ビタミンD 0.4 µg
ビタミンB2 0.15 mg
ビタミンC 10 mg
リン 54 mg
ナイアシン 2.2 mg

レシピ番号:06865

レシピ監修

本サイトのレシピは管理栄養士の監修のもと制作しています。
eヘルシーレシピ管理栄養士は女子栄養大学及び女子栄養大学クリニック所属管理栄養士などの管理栄養士で構成されています。
本サイトでは厚生労働省の「日本人の食事摂取基準(2015年版)」と
文部科学省の「日本食品標準成分表2015年版(七訂)をベースに独自の計算値で栄養素の摂取量を算出しております。