箸休め(9×12×高さ4cm流し缶使用)

46 kcal(1人分)|日本|30分以下

箸休め

movie

形を作る型は流し缶がなくても大丈夫。必ずラップをひいて、あまり深い型でなければOKです。空いている弁当箱を利用してもいいでしょう。ここでは、キャベツは茹ですぎないように気をつけて。焼き豚の他にハムを使ってもいいでしょう。上から押して形が出来たら切り口がきれいに見えるように切り分けます。

材料(4人分)

キャベツ 100 g
焼き豚 50 g
チンゲン菜 60 g
A炒りごま 8 g
A 大さじ 1・1/3
Aだし汁 小さじ 1強
A砂糖 小さじ 1・1/3

分量は骨や皮を除いた実際に口に入る分量で記載しています。完成後はカロリー管理のため、1人分に分けて召し上がってください。
※計量の単位は、大さじ1=15mL、小さじ1=5mL、1カップ=200mLです。

作り方

  1. 箸休め再生
    1

    キャベツは熱湯でゆでて芯の部分をそぎ、大きめに切る。チンゲン菜も熱湯でゆで、芯の部分をそいでおく。焼き豚は薄いそぎ切りにする。

  2. 箸休め再生
    2

    Aのごまはすり鉢ですり、残りのAを加えて混ぜ合わせ、たれを作る。

  3. 箸休め再生
    3

    ラップを敷いた流し缶にキャベツ、チンゲン菜、焼き豚の順に重ね、同様にもう一度繰り返す。一番上にキャベツをのせて、ラップで軽く押さえ、流し缶から取り出して、ラップごと切り分ける(1人3個づけ)。器に盛り、2をかける。

栄養価

エネルギー量 46 kcal
炭水化物 3.7 g
カルシウム 51 mg
食塩相当量 0.31 g
ビタミンE 0.2 mg
ビタミンB6 0.08 mg
コレステロール 6 mg
亜鉛 0.4 mg
葉酸 33 µg
たんぱく質 3.2 g
食物繊維 1 g
マグネシウム 16 mg
ビタミンA 27 µg
ビタミンB1 0.13 mg
ビタミンB12 0.2 µg
ナトリウム 123 mg
0.06 mg
脂質 2.2 g
カリウム 134 mg
0.6 mg
ビタミンD 0.1 µg
ビタミンB2 0.05 mg
ビタミンC 17 mg
リン 55 mg
ナイアシン 1.9 mg

レシピ番号:08428

レシピ監修

本サイトのレシピは管理栄養士の監修のもと制作しています。
eヘルシーレシピ管理栄養士は女子栄養大学及び女子栄養大学クリニック所属管理栄養士などの管理栄養士で構成されています。
本サイトでは厚生労働省の「日本人の食事摂取基準(2015年版)」と
文部科学省の「日本食品標準成分表2015年版(七訂)をベースに独自の計算値で栄養素の摂取量を算出しております。