焼きなすの赤だし

37 kcal(1人分)|日本|30分以下

焼きなすの赤だし

movie

赤だしの風味がポイントですから、出汁はしっかり取りましょう。なすは焦げすぎないように気を付けて、表面を焼いたらすぐに冷水にとり、皮をきれいに取りましょう。みょうががなかったら、しょうがのすりおろしでもOK。焼きなすの香ばしさと赤だしのコクが絶妙です。残ったら冷蔵庫で冷やして、そうめんや冷麦の麺つゆがわりにしても美味。その際は、茹で豚や細切りのきゅうりなど、トッピングも追加してみましょう。

材料(2人分)

茄子 160 g
みょうが 4 g
だし汁 260 ml
赤味噌 小さじ 2・1/3
練り辛子 小さじ 1/2弱

分量は骨や皮を除いた実際に口に入る分量で記載しています。完成後はカロリー管理のため、1人分に分けて召し上がってください。
※計量の単位は、大さじ1=15mL、小さじ1=5mL、1カップ=200mLです。

作り方

  1. 焼きなすの赤だし再生
    1

    茄子はガクを切り落とし、縦に6本~8本の切りこみを入れる。みょうがは斜め薄切りにし、水にさらして水けをきる。

  2. 焼きなすの赤だし再生
    2

    焼き網を熱し、茄子をのせて強火で焼く。皮全体が真っ黒になったら氷水に落とし、皮をむく。ヘタを切り落とし、5~6cm長さの棒状に切る。

  3. 焼きなすの赤だし再生
    3

    鍋にだし汁を沸かし、赤味噌を溶き入れ、煮立つ直前に火を止める。椀に2を入れ、赤だしを注ぎ、練り辛子、みょうがをのせる。

栄養価

エネルギー量 37 kcal
炭水化物 6.5 g
カルシウム 29 mg
食塩相当量 1.09 g
ビタミンE 0.3 mg
ビタミンB6 0.06 mg
コレステロール 1 mg
亜鉛 0.3 mg
葉酸 31 µg
たんぱく質 2.3 g
食物繊維 2.1 g
マグネシウム 27 mg
ビタミンA 6 µg
ビタミンB1 0.05 mg
ビタミンB12 0.4 µg
ナトリウム 430 mg
0.07 mg
脂質 0.6 g
カリウム 295 mg
0.5 mg
ビタミンD 0 µg
ビタミンB2 0.06 mg
ビタミンC 3 mg
リン 56 mg
ナイアシン 1.7 mg

レシピ番号:08756

レシピ監修

本サイトのレシピは管理栄養士の監修のもと制作しています。
eヘルシーレシピ管理栄養士は女子栄養大学及び女子栄養大学クリニック所属管理栄養士などの管理栄養士で構成されています。
本サイトでは厚生労働省の「日本人の食事摂取基準(2015年版)」と
文部科学省の「日本食品標準成分表2015年版(七訂)をベースに独自の計算値で栄養素の摂取量を算出しております。