冷しのっぺい

42 kcal(1人分)|日本|30分以下

冷しのっぺい

movie

のっぺい汁とは本来は、具だくさんのすまし汁に、かたくり粉やくず粉を使ってとろみをつけた料理のこと。ここではかたくり粉などは加えずに、長芋で自然なとろみをプラスし、さらに夏らしく、冷やしていただく汁物にします。ゆでたエビやオクラも加えて、色鮮やかな一品に。暑い日が続いて食欲がないときも、これなら箸がすすむでしょう。

材料(2人分)

えび 15 g
長芋 40 g
ごぼう 40 g
干し椎茸 1 枚
オクラ 20 g
A干し椎茸戻し汁 60 ml
Aだし汁 260 ml
A淡口醤油 小さじ 2/3
A 小さじ 1/4弱
青じそ 2 枚

分量は骨や皮を除いた実際に口に入る分量で記載しています。完成後はカロリー管理のため、1人分に分けて召し上がってください。
※計量の単位は、大さじ1=15mL、小さじ1=5mL、1カップ=200mLです。

作り方

  1. 冷しのっぺい再生
    1

    えびは背わたを取って熱湯で色よくゆで、殻をむいて1cm長さに切る。長芋はいちょう切りにする。

  2. 冷しのっぺい再生
    2

    ごぼうは短めのささがきにし、水にさらして水けをきる。干し椎茸は水で戻して水けを絞り、軸を落として薄切りにする(戻し汁はとっておく)。

  3. 冷しのっぺい再生
    3

    オクラは先のかたい部分を落としてガクをむき、塩(分量外)でもんでうぶ毛を取る。熱湯で色よくゆで、冷水に落として水けを取り、斜め切りにする。青じそはせん切りにする。

  4. 冷しのっぺい再生
    4

    鍋にA、長芋、2を入れて火にかける。煮立ったらアクを取り、味がなじんだらえびを加えてサッと煮る。火から下ろし、鍋底を氷水に当てて冷まし、オクラを入れて混ぜ合わせる。椀に注ぎ、青じそをのせる。

栄養価

エネルギー量 42 kcal
炭水化物 8.2 g
カルシウム 32 mg
食塩相当量 1.17 g
ビタミンE 0.3 mg
ビタミンB6 0.08 mg
コレステロール 11 mg
亜鉛 0.5 mg
葉酸 34 µg
たんぱく質 3.1 g
食物繊維 2.3 g
マグネシウム 31 mg
ビタミンA 15 µg
ビタミンB1 0.07 mg
ビタミンB12 0.5 µg
ナトリウム 460 mg
0.11 mg
脂質 0.1 g
カリウム 317 mg
0.3 mg
ビタミンD 0.1 µg
ビタミンB2 0.05 mg
ビタミンC 3 mg
リン 65 mg
ナイアシン 2.1 mg

レシピ番号:08955

レシピ監修

本サイトのレシピは管理栄養士の監修のもと制作しています。
eヘルシーレシピ管理栄養士は女子栄養大学及び女子栄養大学クリニック所属管理栄養士などの管理栄養士で構成されています。
本サイトでは厚生労働省の「日本人の食事摂取基準(2015年版)」と
文部科学省の「日本食品標準成分表2015年版(七訂)をベースに独自の計算値で栄養素の摂取量を算出しております。