船場汁

109 kcal(1人分)|日本|20分以下

船場汁

movie

船場という名前からわかるように、この料理は元々大阪船場の商家のお番菜(惣菜)です。さばのあらに塩をふって一晩おき、翌日に大根とともに潮汁(船場汁)にしたり、煮もの(船場煮)にしていたのです。今回は、旬の秋さばを使い、旨味の出た煮汁で大根と共に煮て汁ものにしました。さばの脂には、高血圧の改善やコレステロールの低下、血栓予防などに効果的な、IPAやDHAが豊富に含まれますので、煮汁に流れ出たIPAやDHAなどもムダなくいただける船場汁にチャレンジしてみて下さい。

材料(2人分)

さば 80 g
大根 60 g
万能ねぎ 4 g
280 ml
だし用昆布(4cm角) 1 枚
小さじ 1強
醤油 小さじ 1/3
0.60 g
粗びき黒こしょう 少々

分量は骨や皮を除いた実際に口に入る分量で記載しています。完成後はカロリー管理のため、1人分に分けて召し上がってください。
※計量の単位は、大さじ1=15mL、小さじ1=5mL、1カップ=200mLです。

作り方

  1. 船場汁再生
    1

    さばはひと口大に切り、ザルにのせて熱湯をかける。大根は5mm厚さのいちょう切りにし、万能ねぎは斜め切りにする。

  2. 船場汁再生
    2

    鍋に分量の水、昆布、酒、大根を入れて火にかける。沸いてきたら昆布を取り出し、さばを入れて煮る。さばに火が通ったら、アクを取って万能ねぎを加え、塩、醤油で味をととのえる。椀に盛りつけ、粗びき黒こしょうを振る。

栄養価

エネルギー量 109 kcal
炭水化物 1.7 g
カルシウム 11 mg
食塩相当量 0.57 g
ビタミンE 0.5 mg
ビタミンB6 0.26 mg
コレステロール 24 mg
亜鉛 0.4 mg
葉酸 16 µg
たんぱく質 8.4 g
食物繊維 0.5 g
マグネシウム 16 mg
ビタミンA 19 µg
ビタミンB1 0.09 mg
ビタミンB12 5.2 µg
ナトリウム 223 mg
0.06 mg
脂質 6.7 g
カリウム 212 mg
0.6 mg
ビタミンD 2 µg
ビタミンB2 0.12 mg
ビタミンC 4 mg
リン 96 mg
ナイアシン 4.8 mg

レシピ番号:08961

レシピ監修

本サイトのレシピは管理栄養士の監修のもと制作しています。
eヘルシーレシピ管理栄養士は女子栄養大学及び女子栄養大学クリニック所属管理栄養士などの管理栄養士で構成されています。
本サイトでは厚生労働省の「日本人の食事摂取基準(2015年版)」と
文部科学省の「日本食品標準成分表2015年版(七訂)をベースに独自の計算値で栄養素の摂取量を算出しております。