焼きなすの冷やし汁

50 kcal(1人分)|日本|30分以下

焼きなすの冷やし汁

movie

暑い夏にこそ、一度は冷やし汁を作ってみませんか。長芋はすりおろして、だし汁でのばすように混ぜていくのがコツです。だしは汁物の美味しさの秘訣なのでしっかりとりましょう。この長芋とだしを良く混ぜてから鍋を火にかけ、味をととのえたら鍋ごと氷水に当てて冷やします。椀に持った焼きなすに、ねばりのきいた冷たいだし汁で、夏の疲れも癒されそうです。

材料(2人分)

茄子(1本200g) 1 本
長芋 60 g
人参 6 g
オクラ 6 g
だし汁 1 カップ
淡口醤油 小さじ 2/3
0.80 g
しょうが(すりおろし) 小さじ 1/2弱
片栗粉 小さじ 1・1/3
小さじ 2

分量は骨や皮を除いた実際に口に入る分量で記載しています。完成後はカロリー管理のため、1人分に分けて召し上がってください。
※計量の単位は、大さじ1=15mL、小さじ1=5mL、1カップ=200mLです。

作り方

  1. 焼きなすの冷やし汁再生
    1

    茄子はガクを回し切りにして縦に切りこみを入れ、焼き網で焼く。焼き上がったら氷水にとって皮をむき、ヘタを落として食べやすい大きさに切る。

  2. 焼きなすの冷やし汁再生
    2

    長芋はすりおろす。人参は1cm角の色紙切りにし、熱湯でサッとゆでてザルに上げる。

  3. 焼きなすの冷やし汁再生
    3

    オクラは塩(分量外)でもんでうぶ毛を取り、熱湯で色よくゆでる。冷水にとって水けをきり、ヘタを落として小口切りにする。鍋に長芋を入れてだし汁でのばし、火にかける。煮立ったら淡口醤油と塩で味をととのえ、人参を加える。

  4. 焼きなすの冷やし汁再生
    4

    水溶き片栗粉を加えてとろみをつけ、鍋ごと氷水に当てて冷やす。椀に1を盛って汁を注ぎ、おろししょうがをのせ、オクラを散らす。

栄養価

エネルギー量 50 kcal
炭水化物 11 g
カルシウム 26 mg
食塩相当量 0.81 g
ビタミンE 0.3 mg
ビタミンB6 0.08 mg
コレステロール 1 mg
亜鉛 0.3 mg
葉酸 34 µg
たんぱく質 2.1 g
食物繊維 2.4 g
マグネシウム 26 mg
ビタミンA 29 µg
ビタミンB1 0.08 mg
ビタミンB12 0.3 µg
ナトリウム 318 mg
0.08 mg
脂質 0.2 g
カリウム 394 mg
0.3 mg
ビタミンD 0 µg
ビタミンB2 0.06 mg
ビタミンC 5 mg
リン 52 mg
ナイアシン 1.4 mg

レシピ番号:09006

レシピ監修

本サイトのレシピは管理栄養士の監修のもと制作しています。
eヘルシーレシピ管理栄養士は女子栄養大学及び女子栄養大学クリニック所属管理栄養士などの管理栄養士で構成されています。
本サイトでは厚生労働省の「日本人の食事摂取基準(2015年版)」と
文部科学省の「日本食品標準成分表2015年版(七訂)をベースに独自の計算値で栄養素の摂取量を算出しております。