マンゴー

区分:果実類

写真:マンゴー

特徴

果実が平たく果皮、果肉が黄色のフィリピン産カラパオ種は、イエローマンゴーとかペリカンマンゴーとよばれる。メキシコ産は果実が丸みをおび果皮が熟すとリンゴのように赤くなるのでアップルマンゴーとよばれている。イエローマンゴーは、甘く濃厚。アップルマンゴーはイエローより酸味が少なくさっぱりした味わいである。国産のマンゴーは高級果実として扱われ、価格も高い。ウルシの仲間であるから、肌の弱い人はかぶれる場合がある。

選び方

桃よりやや硬いくらいのものが適熟。フィリピン産は緑色が黄色く変わったときが適熟。果皮に黒斑や傷がないものを選ぶ。

保存方法

10℃以下で冷蔵すると低温障害を起こすので、緑色が残っているものは20~25℃くらいで追熟させる。完熟したものは冷蔵保存して早めに食べるのがよい。

栄養

β-カロテン、ビタミンE、Cや食物繊維を含む。黄色の色素は活性酸素消去機能があるとされるエリオシトリンやゼアキサンチンである。