e食材辞典

掲載数は762!
新鮮な食材の見極め方や旬の時期、下処理の仕方からその調理法まで、
毎日のお買い物や献立づくりに役立つ情報が満載です。

食材解説・監修|神戸女子大学家政学部教授 後藤昌弘(農学博士)

調味料
及び
香辛料類

チリペッパーソース

チリペッパーソース

この食材のレシピ

外国語名 chili pepper sauce (英)
別名 タバスコ
由来 チリペッパー(chili pepper)は英語でトウガラシを意味し、これを用いたソースであることから。
歴史背景 タバスコ(Tabasco、タバスコソース)は、アメリカ合衆国ルイジアナ州エイブリー島に本社を置くマキルヘニー社 (McIlhenny Company) の創業者が1865年に考案し、現在も同社が商標権を持つ調味料である。
伝来 タバスコは第二次大戦後(1940年代後半頃)にアメリカ進駐軍により持ち込まれたとされる。1970年代にはアントニオ猪木が経営する会社が代理店契約をして広めたと言われる。その後、激辛ブームや宅配ピザの普及などもあり、定着したと考えられる。
特徴 トウガラシ、酢、塩を混ぜて熟成させた液体の調味料。トウガラシ由来の赤い色をしたものが多く、ピリッとした刺激的な辛さと酸味が特徴である。トウガラシの種類により、ハラペーニョソース、ハバネロソースなどとよばれる。タバスコは、米国にあるマキルヘニー社がタバスコペッパーを原料に作る商品をさすが、ホットソースの代表的な製品とされている。 また、インドネシアのサンバルソースやメキシコのサルサソースなどもチリペッパーソースの仲間である。
料理名 ピザ、パスタなど
保存方法 開封までは直射日光を避け、常温で保存。開封後も常温で。
栄養 ナトリウム、ビタミンA、鉄などを含むが、辛味があるため、多量には使用しないので栄養素としての意味はほとんどない。