e食材辞典

掲載数は762!
新鮮な食材の見極め方や旬の時期、下処理の仕方からその調理法まで、
毎日のお買い物や献立づくりに役立つ情報が満載です。

食材解説・監修|神戸女子大学家政学部教授 後藤昌弘(農学博士)

果実類

ドリアン

ドリアン

分類 パンヤ科ドリアン属 (アオイ科ドリアン属とする分類もある)
原産地 マレー半島
学名 Durio zibethinus
外国語名 durian
由来 マレー語で棘(duri)のあるものという意味に由来する。
歴史背景 東南アジアでは古くから栽培されている。世界に広まったのは17、18世紀頃と推定される。
伝来 輸入が始まった時期は不明である。また、沖縄県で植栽されているが、開花しても結実まで至ることが少ないといわれる。
時期 通年
国内分布 タイ、マレーシア、インドネシアなど東南アジア。日本へはタイ、フィリピンから輸入されている。
特徴 表面は鋭い棘で覆われ、果実は1~3kg程度になる.果肉は淡黄色で5室に分かれ、2、3個の種子がある。種子の周りの果肉はクリーム状で甘いが、独特の強烈な臭いをもつ。果実の王様とよばれることもある。
品種名 チャネー、モントーン、ガンヤオ、グラドゥムーン など
料理名 生食、アイスクリームや砂糖菓子、ジャムなど
選び方 自然に落果して3日以内がおいしいといわれている。独特の香りがし始めた頃が食べ頃。
保存方法 未熟果は追熟のため常温で保存する。完熟したものは冷蔵できる。または、完熟果実から果肉を取り出し、小分けにしてラップで包み、冷蔵する。冷凍することも可能。
栄養 カリウム、ビタミンB1、B2、B6、ナイアシン、葉酸、食物繊維などが多い。