e食材辞典

掲載数は762!
新鮮な食材の見極め方や旬の時期、下処理の仕方からその調理法まで、
毎日のお買い物や献立づくりに役立つ情報が満載です。

食材解説・監修|神戸女子大学家政学部教授 後藤昌弘(農学博士)

果実類

マクワウリ

マクワウリ

分類 ウリ科キュウリ属
原産地 アフリカ
学名 Cucumis melo L. Makuwa group
外国語名 Oriental melon (英)
由来 美濃国(現在の岐阜県南部)の真桑村(現在の本巣市)でよく作られていたために、マクワウリといわれるようになったとの説がある。
歴史背景 長い歴史の中で朝鮮半島や中国から持ち込まれた。とくに日清・日露戦争当時に多くの品種が持ち帰られ、各地で馴化したものが多いといわれる。
伝来 弥生時代に中国から伝来したといわれている
時期 7~8月
国内分布 北海道、秋田、山形、愛知、熊本、岐阜
特徴 楕円形や球形、俵形のものなど様々な形がある。果皮の色は黄色や緑色、またスイカに似た縦じまが入ったものなど多くの品種がある。また、品種により香りや甘み、食感には差があり、果肉がジューシーで程よい甘みとメロンのような香りがあるものや、さっぱりとした甘みで梨のような食感のものがある。
品種名 在来種、地方品種として早田うり、眞渡うり、網干メロン、ベッチンウリなど
調理法 生食が一般的。縦に半分に切り、中の種を取り除き、スプーンですくうか皮を剥いて切り分けていただく。甘みが少ないものは浅漬けにするとよい。
加工品 ゼリーやシャーベット、ワインなどに加工されるものや、若果は浅漬けや調味漬けなどの漬物として利用される。
選び方 手に持った時にずっしりと重みのあるもので、傷や変色がないもの。
保存方法 購入時は未熟なものが多いため、室内に置いて追熟させる。甘い香りがして、底を触った時に弾力を感じるようになれば食べごろ。
栄養 果物の中では比較的カリウムが多く含まれる。また、葉酸、ビタミンCが含まれている。さらに、黄肉種ではβ-カロテンが含まれる。