e食材辞典

掲載数は762!
新鮮な食材の見極め方や旬の時期、下処理の仕方からその調理法まで、
毎日のお買い物や献立づくりに役立つ情報が満載です。

食材解説・監修|神戸女子大学家政学部教授 後藤昌弘(農学博士)

果実類

はるか

はるか

分類 バラ科リンゴ属
原産地 岩手県
学名 Malus domestica
外国語名 Haruka (apple) (英)
由来 品種登録出願者の孫の名前からと言われている。
歴史背景 1977年に岩手大学農学部の園地でゴールデンデリシャスとスターキングの自然交配種子から選抜、育成し1998年に育成完了、2002年に品種登録された。果皮が黄色いリンゴは赤いリンゴのように均一に日に当てるための作業をしなくてよいため、近年、栽培が増加しつつある。
時期 収穫期は岩手では11月頃、関東では地域によるが10月下旬から12月頃。
国内分布 岩手、宮城、長野 など
特徴 2002年に登録されたリンゴの品種。250から350g程度になり、果皮は黄色。外観は円錐で、果梗(へた)側の果実のデコボコ(王冠)、果梗側のへこみ(こうあ、梗窪)や尻(がく、萼)側のへこみ(がくあ、萼窪)は中程度とされる。
選び方 皮にハリがあって重いもの、果梗(軸)が太くしっかりしているものがよい。
保存方法 ポリ袋に入れて密封し、冷蔵。
栄養 食物繊維、カリウムが多い。抗酸化作用のあるポリフェノールを含む。