鮭のごま焼き

鮭のごま焼き

170 kcal(1人分)|日本|30分以下

程よく脂が乗った秋鮭にごまの衣をまぶし、弱火でじっくり、こんがり焼きます。仕上げにからめるだしと醤油が香ばしさをアップ。鮭は魚の中でも消化が良く、血液サラサラ効果があると言われるIPAやDHAが豊富ですから、リノール酸やビタミンEたっぷりのごまと合わせて、動脈硬化の予防にも効果的。付け合わせの茄子を焼いたフライパンで、そのまま鮭を焼くので、後片付けの手間が省けます。

  • ピン

材料(2人分)

さけ(1切れ70g) 2 切れ
0.40 g
卵(溶き卵) 適宜
炒りごま 適宜
Aだし汁 小さじ 1強
A醤油 小さじ 2/3
茄子 40 g
甘酢しょうが(ピンク薄切り) 2 g
青じそ 1 枚
小さじ 1/4

分量は骨や皮を除いた実際に口に入る分量で記載しています。完成後はカロリー管理のため、1人分に分けて召し上がってください。
※計量の単位は、大さじ1=15mL、小さじ1=5mL、1カップ=200mLです。

作り方

  1. 鮭のごま焼き再生
    1

    茄子は1人2枚付けになるように輪切りにし、しょうがはせん切りにする。青じそもせん切りにする。Aは混ぜ合わせておく。

  2. 鮭のごま焼き再生
    2

    フッ素樹脂加工のフライパンにサラダ油を熱し、1の茄子を焼き色がつくまで両面とも弱火で焼く。焼き上がったら取り出しておく。

  3. 鮭のごま焼き再生
    3

    さけは両面に塩を振り、溶き卵にくぐらせ、ごまをまぶす。

  4. 鮭のごま焼き再生
    4

    2のフライパンに3を入れて弱火で焼く。途中裏返し、両面とも焼き、色よく焼けたら混ぜ合わせたAを加えてからめる。器にさけを盛りつけ、茄子を添え、茄子の上にしょうが、青じそをあしらう。