えんどうご飯

movie

えんどうご飯

296 kcal(1人分)|日本|100分以下

白いご飯に青々と映えるえんどう。ふっくらとした新鮮な豆の香りが食卓に初夏の訪れを告げます。えんどうは野菜の中ではたんぱく質が多く、食物繊維やビタミンC、B1も豊富な栄養価の高い野菜です。あらかじめゆでた豆を炊き上がり直前に加えるようにすると、色鮮やかなえんどうご飯に仕上がります。また、豆の風味を生かしたい場合は、はじめから入れて炊くとよいでしょう。豆はさやから出して時間をおくほど実がかたくなるので、調理の直前にむくようにしましょう。

  • ピン

材料(2人分)

150 g
210 g
実えんどう(さやつき) 50 g
小さじ 1/4
小さじ 1・1/2

分量は骨や皮を除いた実際に口に入る分量で記載しています。完成後はカロリー管理のため、1人分に分けて召し上がってください。
※計量の単位は、大さじ1=15mL、小さじ1=5mL、1カップ=200mLです。

作り方

  1. えんどうご飯再生
    1

    実えんどうはさやから実を出して熱湯で色よく塩ゆで(分量外)し、氷水にとって冷ます。炊飯釜に洗った米を入れ、分量の水、塩、酒を加える。

  2. えんどうご飯再生
    2

    炊飯器で普通に炊き、炊き上がる直前に実えんどうを加えて蒸らし、全体を混ぜ合わせる。

ワンポイントアドバイス
生の実えんどうが手に入らない時期は、サッと熱湯に通した冷凍グリンピースや水煮缶詰を炊き上がり直前に加えるとよいでしょう。